ライトな記事を更新中|暮らしポスト

【何もない部屋で暮らしたい】ミニマルに暮らす10人の生活デザインをのぞける本

何もない部屋で暮らしたい

海外のミレニアル世代から波及するように増加していったミニマリスト。日本では2014年から急激にネット検索数が増加していき、その生活スタイルへの関心も高まってきました。

豊かなモノにあふれたこの時代だからこそ、シンプルが際立ってくるのです。

そんなミニマルライフを実践する10人のミニマリストを取り上げた本です。

「何もない部屋」で暮らしたい ミニマルに暮らす10人の生活デザイン
created by Rinker

10人のミニマリスト

本書で紹介されているミニマリストはブロガー、会社員、デザイナー、主婦など様々な立場の人がいます(ブロガーが多いけど)

モノも情報もあふれた現代をシンプルに生き抜くことでストレスが減り、心が穏やかになっていく人は多いようです。

さらに集中力が増し、人と比べることがなくなり、本当にしたいことと向き合える。そして好きなモノだけに囲まれて暮らす心地よさを体感できます。

10人に概ね共通しているのが、暮らしをシンプルにして心と思考を整理することです。

それぞれの暮らしぶりが数カットのカラー写真で紹介されており、すっきりしたそれらの部屋はまるでモデルルームのようでした。

ミニマリストになって暮らしがどう変化したか

ミニマリストになったきっかけ、メリット、今後のことが10人分の意見をまとめてみれるのは面白いです。

「ミニマリスト=モノを持たない人でしょ」と簡単にくくりつけずに、ミニマルライフの中でも様々な価値観に触れることができますよ。

「何もない部屋」で暮らしたい ミニマルに暮らす10人の生活デザイン
created by Rinker

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です