ライトな記事を更新中|暮らしポスト

3日間くらいはしのげる最低限の非常食を購入しておきました

非常食の乾パン

令和に突入してから日本では水害が相次ぎましたね。ただでさえ地震大国といわれているのに、これだけ災害が多いとさすがに危機感を覚えます。

一人暮らしはなかなか防災対策まで手がまわらないかもしれませんが、一人だからこそ自助努力の観点が大切になるもの。

そのため一人暮らしでも最低3日間はしのげるであろう非常食を購入しました。実際には足りないかもしれませんし、随時買い足していくこともあると思います。

購入した非常食

購入した3日分の非常食
  • 水4L
  • おかず2品
  • 乾パン2缶
  • 缶詰のパン

3日分といってますがかなり少ないですね。

普段から1日に1~2食しか食べない少食を実践しているのですが、災害時は心理的に普段より多く食べたくなるのですかね?それとも食欲は減退するのか…?

非常食は意外と高価なので、少しずつ買い足していこうと思います。

保管している非常食

使っていないキャリーバッグの中にまとめてしまっています。

非常時に持ち出すべきものがまとまっているのも大切なことですよね。

1日に必要な水

飲料水として1日に必要とする最低限の水は体重1㎏×15mlとされています。

参考緊急時に備えた家庭用食料品備蓄ガイド(農林水産省)

体重が60㎏の人であれば60×15で900mlですね。

飲用以外の日常生活でも必要とされる水は1日あたりおよそ3Lといわれています。

非常食は3日分では足りない

最低限3日の水と食料は確保しておきたいといわれますが、実際には7日~10日程度は確保しておいたほうが良いそうです。

例えば阪神淡路大震災のような直下型で範囲が狭ければ、甚大な被害が出ていても四方八方から救助の手が回りやすいです。

一方で東日本大震災のような広範囲で津波など二次災害もあると、物流機能の低下などからもライフラインの復旧に時間がかかるわけですね。

3日では行政の手が回らないので、自助努力といった意味で防災意識は日々高めておいたほうが賢明かと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です