【更新情報】ミニマリストの部屋紹介

家の中の不用品を売却処分する3つの方法とそれぞれのメリット・デメリット

家の掃除や断捨離をしていて、不用品としてまだ使えるものや新品に近いものが出てきたとき、そのまま捨てるにはしのびないと思いますよね。

どうせなら捨てるのではなく、お金に換えたいと思うもの。

代表的な3つの売却処分の仕方と、それぞれのメリット・デメリットをまとめました。

1.リサイクルショップに持ち込む

一番面倒がなくて手っ取り早いのがリサイクルショップです。

メリット

  • 手っ取り早い
  • 値がつかないものも引き取ってもらえる

デメリット

  • 比較的査定が安い
  • 持ち込むのが面倒

お店によっても仕組みや引き取ってもらえるものの基準が異なりますが、やはり手っ取り早いのが最大のメリットです。

また出張査定をしているリサイクルショップもあるので、不用品が多いなら電話やWEBで問い合わせてみるといいでしょう。

2.フリマアプリで売る

まだ使えそうなものや価値のあるものなら、フリマアプリで自分の値付けで売れるのが理想ですね。

メリット

  • 納得のいく値付けができる
  • 複数のアプリを使い分けられる

デメリット

  • 売れるまで時間がかかる
  • 手数料がかかる
  • 配送手配が面倒

撮影、出品、梱包、配送手配など手間はかかりますが、自分の納得のいく値で売れるまで待つことができます。

リサイクルショップに持ち込んだ品物の値付けよりも高く売れる場合が多いですね。

フリマアプリでは出品手数料はかかりませんが、売り上げに対して手数料を取られるのが一般的です。それを差し引いても個人間取引なだけに、お店で買い取ってもらうよりもいい値をつけやすいです。

特にブランドものはフリマアプリで売れやすい傾向にあります。

3.不用品買取サイトで売る

最後は専門の不用品買取サイトです。

メリット

  • 細やかなジャンル特化サイトがある
  • 信頼性がある

デメリット

  • 雑貨や小物は売りにくい

着物専門買取、楽器専門買取などジャンルに特化した買い取り専門店を探しやすいです。細やかなジャンルに特化している分、値付けへの信頼性も高い傾向にあります。

貴金属やブランド品など高額なものは、他社と比較したり実店舗との交渉材料にするのもありですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です