ライトな記事を更新中|暮らしポスト

AVIOT TE-D01gの専用アプリ”AVIOT Sound XXX”がリリースされたので、さっそく試してみました!

僕が使っているワイヤレスイヤホンのAVIOT TE-D01gの専用アプリが、以前からメーカー公式でアプリ開発を告知しており、いまかいまかとずっと楽しみにしていました。

2020年1月末になってようやくアプリがリリースされたので、さっそくインストールして試してみました!

ワイヤレスイヤホン AVIOT TE-D01g
created by Rinker

AVIOTからリリースされた2つのアプリ

AVIOTからリリースされた2つのアプリ
出典:AVIOT 公式Twitter

今回リリースされたのは“AVIOT Sound XXX”だけでなく、もう一つ“AVIOT UP”の2つです。

AVIOT UPはイヤホンのファームウェアを変更するためのアプリで、この変更作業をしないとAVIOT Sound XXXは使えません。

リリース現在(2020年1月時点)ではAndroid版しかないみたいです。iPhoneなどのiOS端末の場合、イヤホン本体をAVIOTのカスタマーサポートに送付する必要があります。

AVIOT UP

AVIOT UP

GooglePlayStoreからAVIOT UPをインストールし、ファームウェアの変更を行います。

AVIOT UPアプリによるファームウェアの変更手順をまとめました。アプリを開けばガイドも表示されているので、難しい作業は一切なく誰でもできます。

https://hitomaga.design/wp-content/uploads/2019/08/alpaca1.png

事前にアプリ内のリンクから、YouTube動画で作業手順を確認できます。

充電残量の確認
AVIOT TE-D01gの電池残量の確認

事前に充電ケースとイヤホン本体の充電を確認しておきます。

ケースは充電インジケータのLEDが2個以上点灯していること。イヤホン本体は左右両方とも30%以上残量があること。

Bluetooth接続

スマホとイヤホンを普段使用しているようにBluetooth接続します。

AVIOT UPアプリの操作の流れでペアリングできますし、スマホ本体の設定からペアリングしても大丈夫です。

シリアルナンバー入力

充電ケース底部の一番下に製品の個体番号を表すシリアルナンバーが記載されています。数字8桁のみをアプリで入力。

L側のアップデート

L側のイヤホンを左耳に装着して、ボタンを12秒長押しするとアップデートモードになります。「ピ…ピピ…ピピピ…ピピピピ….ピポピ」の最後の音が鳴るまで押し続ける。

アップデートモードになったことを音で確認し、イヤホンをケースに戻すとアップデートが開始します。だいたい7~10分かかる。

アップデートが完了したら左側のイヤホンを取り出し再び左耳に装着し、長押しして電源をオフにします。「電源オフ」とイヤホンの音声案内が聞こえるまで長押し。

電源を切ったL側のイヤホンは、ケースに戻さず次の手順に進みます。

R側のアップデート

R側のイヤホンをケースから取り出し右耳にはめ「ポンポンポン」と音が3回鳴ったらスマホとペアリングする。

L側と同様に、R側のイヤホンをアップデートモードにします。

ファームウェア変更完了

最後にアプリの目次画面まで戻れば、ファームウェアのアップデート変更は完了です。

基本的にアプリのガイドに従って手順を進めていれば、できるかと思います。

もしもうまくいかない場合は、AVIOTのサポートに連絡するといいです。

僕は最初うまくいかなかったので、Twitter経由でサポートに連絡したら、リセットするよう促されました。

その後無事アップデートできています。

ファームウェアのアップデート完了後は、AVIOT UPのアプリは削除しても大丈夫だと思います。

AVIOT Sound XXX

AVIOT Sound xxx

AVIOT UPでファームウェアの変更後に、インストールしたAVIOT Sound XXXが使えるようになります。

iOS端末の場合、AVIOTカスタマーサポートからイヤホンが返送されてから、アプリが使えるようになります。

AVIOT Sound XXXでできること

イヤホンのファームウェア変更が完了したら、ようやくお目当ての「AVIOT Sound XXX」が使えるようになります。

もともと低音が控えめなイヤホンだったので、イコライザで好みに音域を調整できる機能が待ち遠しかったです。

EQ設定

イコライザ設定は、すべてマニュアルで自分で設定します。自分でセットしたイコライザは、名前を付けてプリセットとして登録可能

もともと公式ではプリセットが入ってないので、慣れていないと好みの音を探るのが大変です。

ボタン設定

イヤホン(L/R)のダブルクリック・トリプルクリックにあてられている操作を、任意で変更できます。

一般設定

言語設定と、ファームウェアのバージョンを確認できます。

言語は日本語か英語から選択。

コスパ最強クラスのワイヤレスイヤホン!

ワイヤレスイヤホンTE-D01g

以前、AVIOT TE-D01gは1万円以下のワイヤレスイヤホンの中では、かなりコスパの良い製品ではないかという話で記事を締めました。

リンク1万円以下のワイヤレスイヤホン最優秀コスパといわれてるAVIOT TE-D01gレビュー

良くも悪くも比較的装飾のない音質だったので、個人的にはロックやEDMなどを聞くときはもうちょっと低音が欲しかったところです。

今回AVIOT Sound XXXでイコライザを調整できるようになったので、より使い勝手の良いイヤホンになりましたね。

ワイヤレスイヤホン AVIOT TE-D01g
created by Rinker

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です