ライトな記事を更新中|暮らしポスト

「綺麗なオムレツをかっこよく作りたい」見栄えよし、味もよしを目指す

綺麗なオムレツの作り方

料理が好きなんですけど、いろいろと作っていくうちに「結局シンプルな定番メニュー難しいよね」と思います。

代表的なシンプル卵料理「オムレツ」をきちんと作れるようになりたい。あわよくばトントンとひっくり返して、フライパンからお皿までひょいっと投げ飛ばしてキャッチしたい。

綺麗で美味しいオムレツを作る

表面がつるっと滑らかなビジュアルで、中を割ったらトロッとしているようなオムレツが理想ですよね。

材料
オムレツの材料
  • 卵 2個
  • バター 大1くらい
  • 塩コショウ
  • ケチャップ 大3
  • 赤ワイン 大2

ケチャップと赤ワインはソースに使います。普通のケチャップをかけるだけでもいいですが、赤ワイン入れたほうがコクが出るような。

作り方

卵を溶く
オムレツを作るための卵をとく

塩コショウを少々入れて、卵をちゃっちゃか溶きます。

空気を含ませるような混ぜ方よりも、白身をしっかりと切るように混ぜます

卵を漉す
溶き卵を漉す

普段はこんな面倒なことしませんが、今回はきちんと作りたいので漉します。より滑らかになってカラザも取り除けます

焼く
溶き卵を焼いてオムレツを作る

先にバターを中火で溶かしています。結構多めに入れないと、後でオムレツにするときに綺麗に卵がフライパンから離れないんですよね…。

卵を流し入れたら火加減との真剣勝負。スクランブルエッグの要領できめの細かい半熟卵にしていきます

ここで大きな卵の塊ができていないようにします。

形を整える
オムレツをトントンやっているところ

卵を手前からたたむように返していきます。よくプロのシェフがやる、フライパンの柄をトントンしてひっくり返すやつ、僕できます(ドヤ)

ここからは写真を撮りながらが難しいので、なんだかんだオムレツは完成。

ケチャップソース作り
オムレツのソース作り

ケチャップに赤ワインを加えると、味に深みが出て本当に美味しいのでおすすめですよ。混ぜながらアルコールを飛ばしてください。

色も赤ではなく、深いえんじ色みたいになって高級感が増します

目指すところはホテルのオムレツ

完成したオムレツ

僕は自分で作っていてこれでも満足しているのですが、完全に凹凸のないツルーっとした表面にしたい。あと左右がちょっと尖ってるので、もう少し丸みのある綺麗な形に整形したかった。

オムレツのとろとろした中身

中はほどよくふわとろっとしていて美味しかったです。

朝食バイキング付きのホテルで、オムレツだけシェフが目の前で焼いてくれるサービスよくあるじゃないですか。あのオムレツが作れたらかっこいいですよね。

ポイント

  • 卵は切るように混ぜて滑らかに
  • 本気出すなら網で漉す
  • バターは気持ち多めが作りやすい
  • きめの細かいスクランブル状に焼く
  • 濡れ布巾があると火加減を調整しやすい
  • オムレツを返す前に、フライパンの底を軽く叩きつけると返しやすくなる
  • トロトロを極めるなら、余熱を考慮して完成させる

シンプルな料理だからこそ奥が深くて作り手の腕が出ますよね。

変わった料理や手の込んだものも楽しいですけど、きちんと基本を押さえた定番メニューももっとチャレンジしていきたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です