【更新情報】ミニマリストの部屋紹介

天井照明を変えるだけで部屋の雰囲気が一気にあか抜けた印象になる

一人暮らしや新生活を始めたものの、なんだか部屋がパッとしないことはよくあります。というより僕はつくづくそう思ってきました。

そんな部屋の印象をガラッと変えるには、細々としたインテリアや観葉植物に凝るのではなく、メイン照明を変えてしまうことが近道でしょう。

日本家屋のシーリングライト一辺倒問題

日本の家屋のシーリングライト

天井の低い日本の家屋の構造上、どうしてもシーリーングライトに頼りがちになるといわれています。日本人の家での過ごし方の文化にも起因しているかもしれません。

シーリングライトは配光角度が広く部屋全体を明るく照らし、平べったいので天井が低くても邪魔になりません

部屋全体を均一に明るく照らしてくれる点ではとても良いのですが、これがありきたりでパッとしない印象の原因になっています。

それから少々明るすぎるというデメリットもあり、昼と夜の過ごし方にメリハリをつけられないのが難点です。

部屋の印象をあか抜けさせて脱初心者的なインテリアを目指すには、まずシーリングライトを卒業するのが手っ取り早いです。

4灯スポットライトに付け替えてみた

4灯スポットライト

インテリア感があって、そこそこの光量も確保できるのが4灯スポットライトかなと思います。もちろん部屋を明るく照らす役割としては、円いシーリングライトのほうが良いです。

部屋の一部に利用したり、間接照明と組み合わせることでより上級な雰囲気を作り出せます。

床や壁といった部屋の大部分を占めるものに陰影など光による変化をつけると、印象が変わりやすくなります

照明の色味も大切です。僕は自宅で過ごす時間がほとんど夜なので、リラックス効果のある暖色系のライトにしました。

https://hitomaga.design/wp-content/uploads/2019/08/alpaca1.png

色味(色温度)を切り替えられるタイプの電球だとなお良いですね。

ライトは役割に応じて使い分ける

メイン照明、間接照明、スポットなど役割に応じてライトを使い分けると、インテリアを意識した綺麗な部屋になります。

僕の部屋は間取り的に電球の位置がリビングの中央にあります。この位置はやはり明るさを重視してシーリングライトのほうがいい気もしますが、モノが少ないのでなんとか光も回ってライトの存在がそこまで浮かないかなと思ってます。

照明インテリアは難しいですし専門家ではありませんが、実はとても重要なポイントなのでぜひ何かを参考に挑戦してもらえたら嬉しいです。

インテリアに凝るとまず家具や雑貨類に目が付きますが、印象の良い部屋は照明も見落としていないのだなという話でした。

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です