【更新情報】ミニマリストの部屋紹介

掃除を習慣化して、ずっと綺麗な家が続くために意識していること

掃除を習慣化させる

生活において健康の三大要素は食事・運動・睡眠といわれていますが、それと同じくらいに「掃除」も大切だと思っています。

ハウスダスト、細菌やウイルスなど、掃除をしないことで蓄積されていく病原体は当然健康に悪いです。ただの埃が病気を引き起こすこともあります。

健康と住まいは一体になっていると思って、なるべく掃除を習慣化するようにしています。

大掃除ではなく毎日の小掃除

ドライワイパー

年末になると大掃除に取り組む人が多いですよね。

僕は毎日数分でもいいから小まめな掃除を推奨する派です。部屋の隅々までやる必要はなくて、どこかしら掃除をする習慣がついていれば、ひどく汚れがたまることもありません。

コンロ周りなど掃除に手間がかかる場所も、使ったら軽く拭いておくだけで大掃除の手間がなくなります。

大掃除をした直後の家はピカピカだから気持ち良いのは確かですが、汚れがたまっている間は「年末に大掃除するから…」と見るたびに言い訳を重ねることになります。

日々の掃除が程よく行き届いているほうが、年中ずっとそこそこ気持ち良い生活になります。

タイムキープして掃除をルーティン化

テーブルの拭き掃除

掃除はある程度時間を区切って、ルーティン化させると効率が良くなります。

例えば、

10分

リビングの埃をフローリングワイパーで取って、掃除機がけを終わらせる。

5分

キッチンとテーブルをアルコールで拭き掃除をする。

厳密に細かく区切る必要はありませんけど、時間を意識するだけで段取り良く掃除を終わらせられます

週に1回きちんと掃除する

窓のさっしの拭き掃除
窓のさっしの汚れ

床やトイレ掃除などはほぼ毎日掃除するかと思いますが、それにプラスして週に1回は1時間くらい確保して掃除に取り組みます。

僕の場合、お風呂や玄関などは週に1回程度です。

これまで見て見ぬふりしてきたような場所も、週に1回は掃除するようにします。窓のさっしの汚れなど、気が付いてしまったら掃除をするまでは毎日気になってしまいます。

日々の簡単掃除+時々ちゃんと掃除をいい塩梅でコントロールできると、掃除が習慣化されて常に綺麗な家を保てます。

掃除は朝にやる

掃除のベストなタイミングは朝です。

  • 日差しが入り込むので埃が見えやすい
  • 掃除中の音が近隣に気にならない
  • 朝は外気が澄んでいるので換気にも良い

1日を気持ちよくスタートできるというのもありますね。

習慣は意識作りから始まるので簡単に思えて結構難しいです。

掃除によって快適に過ごせる実感を得るほど、だんだんと当たり前のように習慣にシフトしていくと思うので、ちょっとずつ日々の掃除を大切にしていってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です