【ラミーコットンタオル長期使用レビュー】ミニマリストが高級なタオルを使い始めて感じたこと

ラミーコットンタオルのレビュー

タオルで最も重要な部分は、直接肌に触れるパイル(小さな輪状の織)です。パイルの吸水性や感触でタオルの使い心地が変わってきます。

タオルのパイルはスーピマ、エジプト綿、超長綿などあらゆる創意工夫がされてきました。

そこで目を付けたのが、今までパイルに使用されることのなかった「ラミー」です。ラミーとコットンを擦り合わせた新しいラミーコットン糸を開発し、タオルとして世に出されたのがラミーコットンタオルでした。

今までになかった新しさと、多くのこだわりが込められたラミーコトンタオルを提供いただいたので、日常的に使って感じてきたことをレビューします。

参考 販売サイト タオルラインナップ全日本繊維産業協業プロジェクト こころばせ

ラミーコットンタオルと普通のタオルで何が違うのか

ラミーコットンは、ラミーの弾力性とコットンの柔軟性の良いとこ取りしたようなところが特徴です。

ラミーコットンタオルのメリットを簡単にまとめると…

  • 吸水性、保水性、速乾性が優れてる
  • さわやかでソフトな感触
  • 分厚くないのに比較的軽くコンパクトでふわふわ
  • 洗濯を繰り返しても風合いが長持ち

ラミーコットン製品の特長については、下記の記事でもまとめています。

リンク【メイドインジャパン】こころばせラミーコットンタオルのこだわり

ラミー55%・コットン45%の比率

一般的にタオルのしっとり感はコットンに含まれる綿蝋が担い、吸水性は綿蝋が落ちることでアップします。つまりタオルのしっとりしたソフトな感触と吸水性は相反するので、そのバランスを試行錯誤して製品化するのが肝になります

ラミーには余計な油分がなく吸水性も抜群。おまけに熱伝導率が高く涼やかな風合いがあります。しかしラミーの比率が高すぎると硬くてタオルには適しません

そこでラミーの特性を活かしつつ、ラミーにはないソフトさや膨らみをカバーするべくコットンで柔らかさを受け持ちます。このとき吸水性と肌触りの絶妙なバランスで最終的にたどり着いたのが、ラミー55%・コットン45%という混合比率なわけですね。

ソフトな感触という点では、甘撚(あまより)や無撚糸(むねんし)といった、ふんわりと柔らかなパイルが上をいきます。しかしそれらは洗濯による劣化や糸の抜けが多く、タオルの痩せが早い傾向にあります。

一方でラミーは比較的しっかりした繊維なので、風合いの変化や劣化も穏やかで長く使い続けられます

繊維に優しい仕上がり

ラミーコットンのパイル仕上げには、一般的に使われる苛性ソーダや精錬剤といった化学薬品が使われていません。

西日本最高峰の石鎚山の伏流水(名水100選)を使用した天然酵素のみで仕上げられています。さらに仕上げ工程を手掛けるのは、タオルの一大産地である今治の中でも名高い技術を持つ株式会社河上工芸所。

酵素で仕上げることで糸を傷めずに、柔らかく吸水性の良いタオルとなります。

ラミーコットンタオルを数か月使い続けた感想

理想的なタオルとは、吸水性がよく、すぐに乾いて、肌触りが良く軽い。何度も使用しても劣化せずに風合いが長持ちする耐久性も大事ですね。

これらの条件を100%満たす製品はまずないと思いますけど、ラミーコットンタオルはそれらを限りなくバランスよく整えたタオルだなと感じます。

使い始めたころの感想

ラミーコットンのバスタオル
ラミーコットンのバスタオル

初めてバスタオルを使ったときは、同じ布製品でもこんなに違いを感じるものなんだと驚きました。

よく新品のタオルは一度洗濯してから使い始めるとかいわれます。最初は水をはじきやすいので、拭いても拭いてる感じがしないんですよね。

ラミーコットンは最初からしっかり吸水してくれて拭き心地が良く、全身を拭き終わってもバスタオルがジトッと重たくなることがありません

肌触りは個人的にソフトでふかふかといった印象は感じませんでしたが、拭き続けてもドライな質感が続いてるのには驚きました。濡れているタオルで無理やり拭き続けているような不快さがないのは、一つのメリットだと思います。

乾燥室のラミーコットンタオル
乾燥室のラミーコットンタオル

ドライな質感が続くのにタオルの速乾性を実感しましたが、一番顕著に表れたのは干してる時でした。大きなバスタオルにも関わらず明らかに早く乾いてたので、本当に速乾性に優れてるなと思いました。

ラミーコットンタオルを長期使用して

ラミーコットンのフェイスタオル
ラミーコットンのフェイスタオル

長期間(数か月)タオルを使用していて気が付いたことも何点かあります。

まず耐久性に関してですが、最初の印象ほど効果をずっと実感できるのは吸水性だけです。とは言ってもドライな質感や速乾性も一般的なタオルに比べたらずっと続いていて、なんとなく最初ほどの感動は薄れたかなという印象。

吸水性に限って言えば本当にスイスイ拭き続けられるので助かってます。冬は湯冷めしやすいので、さっさと体を拭き終えられるのはありがたいですね。

肌触りはちょっと硬くなってきました。タオルの柔らかさという話では、洗濯して劣化しないものはないので、仕方がない部分でもあります。それを踏まえた上で考察すると、ラミーコットンタオルはコットン100%などのタオルよりは硬くなりやすい印象。ラミーはコットンに比べて硬くしっかりした繊維なので、混合のラミーコットンでは先にコットンのほうが消耗してきて、55:45だった混合比率が体感的にラミー側に偏ってきたのかなと予測しました。

補足

乾燥機があれば、ラミーコットンの初期の柔らかな風合いもある程度復活するみたいです。

僕なりにラミーコットンタオルの長期レビューをまとめると、吸水性はずっと良好。速乾性やさわやかな質感などは比較的長持ちするが、当然新品よりは劣ってくる。ソフトな肌触りは早めに失われていきます

やっぱりバスタオルっていいなと思えた

ラミーコットンタオルの評価を簡潔に言うと、吸水性が最も優れており、タオルとしての機能も全体的に良かったです。人それぞれの肌の感じ方や、普段どんなタオルを使っているかによっても評価は変わってくると思いますけど。

ちなみに僕はミニマリストなので生活がシンプルに、ものの数も限られています。バスタオルはここ数年間使っていませんでした。

カラフルなフェイスタオル バスタオルを使わずに、基本はフェイスタオルに統一して使いまわす

ラミーコットンのタオルを提供していただいたのを機にバスタオルもまた使い始めるようになりました。当然ですがフェイスタオルでぎりぎり拭き切るよりもずっと気持ちいいなと思えます。

しかも普通のタオルではないこだわりのある、ちょっと高級なタオルです(ラミーコットンバスタオルは1枚5,800円)

僕はこれまで拭ければなんでもいいやと思っていて、タオルにこだわりを持とうと思ったことがありませんでした。しかし価格にはそれ相応の価値があるもの。ラミーコットンバスタオルは一般的なバスタオルよりサイズも重さも少しコンパクトなので、そういった点でもミニマリスト的に嬉しいバスタオル。

ぜひご自身でラミーコットンタオルの使い心地を確かめてみてください。ちょっと変わったタオルがあるんだよと言って、プレゼントにしても喜ばれるのではないでしょうか。

販売サイトラミーコットンタオル 全日本繊維産業協業プロジェクト「こころばせ」

※この記事はPRです。製品は「こころばせ」より提供していただきました。

4 COMMENTS

こころばせ

硬くなってきたラミーコットンタオルは乾燥機にかけるとフワッとして初期の風合いに近くなります。もし乾燥機をお持ちならぜひお試しを!

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です