コーヒーミルは結局どれがいいのか?「電動・格安電動・手動」全部試してみた人の選び方

コーヒーミルの選び方

カフェやコンビニコーヒーで手軽に美味しいレギュラーコーヒーが飲める時代ですが、自宅でコーヒーを淹れる場合ある程度の専用器具が必要になります。

インスタントコーヒーではなく、ちょっとこだわってコーヒーを淹れようと思うなら、その第一歩はまず自分で豆を挽くことです。

豆を挽くためのコーヒーミルにも色々なタイプがあって、最初はどれを選ぶべきか迷うと思います。

電動や手動、電動の中でもどのタイプがいいいのか、色々なミルを使ってきた自分の経験をもとにコーヒーミルの選び方についてまとめました。

電動ミルか手動ミルか

まずは電動ミルにするか、手動の手挽きミルにするかの2択を最初に選びます。

それぞれの特徴があって一概にどちらが良いとは簡単に言い切れません。

個人的にコスパや手軽さを求めるならまずは手動ミル、趣味としてコーヒーを追及したい人や長い目で見て最初からしっかりした器具を揃えるなら電動をおすすめします。

電動ミルの特徴

メリット

  • 挽くのが早い
  • まとめて沢山挽ける
  • 均一に豆を挽ける
  • 機械が自動で挽くので楽

デメリット

  • 基本的に高価
  • 場所をとる
  • 電源が必要
  • モーターの駆動音がする

電動ミルの種類にもよりますが、一般的には手動のミルより全体的な機能が優れている分、価格が高価になります。

手動ミルの特徴

メリット

  • 雰囲気を楽しめる
  • 軽くてコンパクト
  • 駆動音がなく静か
  • 電源がいらない

デメリット

  • 挽くのに時間がかかる
  • 疲れるし大変

手動ミルは豆を挽くゴリゴリとした感触や香りをゆっくりと楽しめるのが特徴。

挽くのに時間がかかるし3杯以上の豆を挽くとなると結構疲れますが、雰囲気を楽しむがために一周回って手動のほうが好きな人もいます。

キャンプなど持ち出して使えるのも利点ですね。

電動と手動ならどっちがいいか

手動ミルと電動ミル
左:手動ミル / 右:電動ミル

毎日のようにコーヒーを挽いて淹れるというなら、やはり電動をおすすめしたいです。手動は最初は楽しめるのですが、毎日繰り返しているとやはり面倒な気持ちが勝ってきます。

安い電動ミルは挽いた豆が不揃いでコーヒーの味に影響するとよく言われますが、実質その違いはかなりコーヒーを飲みなれていないと分からないと思います。

手動ミルも安い電動ミルも一般的には2,000円~3,000円程度で買えるので、両方揃えて休日の時間のある日は手挽きで楽しむというのもありですね。

それからより高品質なミルを求めて、1万円以上の価格帯の電動ミルに手を伸ばすのが自然な流れでしょう。

電動ミルの選び方

カリタネクストGとコーヒー

電動ミルの種類は大きく分けて2つあります。

1つは数千円台の安価で品質がそこそこのプロペラ式。もう一つがほとんど1万円を超える価格帯の高機能な据え置き型のモデルです。

良いミルに求められる条件は主に3つ。

  1. 挽いた豆が均一で、粉にばらつきがない。
  2. メンテナンス性が優れている。
  3. 低速回転モーターで豆にストレスを与えない。

個人的に大事だと思う順に並べました。

低品質なミルは挽いた豆にばらつきがあって、微粉と呼ばれる細かすぎる粉やキメの粗い挽ききれてない粒が混在します。これらはコーヒーの雑味の原因になったり、成分の抽出にムラを生じさせます。

メンテナンス性は、モーター回転による静電気で粉がミルにまとわりつくのをどれだけ抑えられるか。分解掃除のしやすさなどがあげられます。古い豆が機械の内部に残っていると、せっかくのコーヒーの新鮮な香りが阻害されます。

最後はさほど意識していませんが、高速モーターでガーッと挽くと豆に熱が加わって味に影響するみたいです。最近は低速回転による豆へのストレスが少ないタイプの電動ミルが増えてきました。

プロペラ式

プロペラ式コーヒーミル
ニトリで購入したプロペラミル

プロペラ式のミルは低価格でお手軽だが、豆を挽く性能に関しては微妙。

  • 小さくコンパクトで、持ち運びもできる
  • 安価で手軽に買える
  • 挽き具合は粉砕させる時間で調整
  • 挽きムラが多く品質はよくない

このプロペラ式のミルは、ニトリで2,000円程度で購入しました。僕は結構長いことこのタイプのミルを使っていましたよ。

プロペラ式ミルのブレード
中にブレードがある

内部のプロペラ上の羽根が回って、ミキサーのように豆を粉砕して挽くのでブレード式とも呼ばれています。

電源を入れて中のプロペラで粉砕する時間で細挽きから粗挽きを調整します。なので挽き具合は感覚で調整することになりますね。

ミルの中で最も粒度のムラが生じやすく、長く運転させるほど微粉も大量に発生しやすいです。

ポイント

本体を振りながら豆を粉砕させたりと、多少の工夫で挽きムラはある程度抑えられます。

それでも手動ミルや高価格帯の電動ミルよりも劣るのは、構造上仕方ないところでもあります。

プロペラ式のミルは製品による品質や機能の違いがあまりないので、基本的にデザインや好みのメーカーで選べばいいと思います。

プロペラ式ミル
ラッセルホブス 電動コーヒーミル
created by Rinker

据え置き型

電動据え置きコーヒーミル
現役で使ってる電動ミル

趣味でコーヒーを楽しんでいる人は、結局は据え置き型の電動ミルに行き着くと思います。高価ではあるもののやはり高機能、早い、手軽の3拍子揃っていますからね。

https://hitomaga.design/wp-content/uploads/2019/08/alpaca1.png

業務用として使われるのも、だいたいこういったタイプの電動ミルです。

挽き具合はダイヤルなどで細かく調整するのが一般的で、細挽きから粗挽きまできちんと設定できます。

エスプレッソ用の「極細挽き」は対応しているミルが少ないので、エスプレッソを淹れるのを前提にするなら確認しておくべきです。

据え置き型の豆を挽く構造からさらに細かく4つのタイプを見ていきます。

カット式

2枚の円盤ディスクで豆を切り刻むように挽くのがカット式。

比較的均一に挽けて、微粉と熱の発生が少ないのが特徴です。

カット式ミル
カリタ コーヒーグラインダー ネクストG
created by Rinker

カリタのネクストGは僕も使っているお気に入りです。電動ミルとしての手軽さはもちろん、帯電防止によるメンテナンス性の良さと低速回転が魅力。

グラインド式

上下2枚の歯で豆をすり潰すように挽くタイプ。

臼式とも呼ばれ、均一性の高さが特徴です。

グラインド式ミル
フジローヤル 小型高性能ミル みるっこDX
created by Rinker

ブジローヤルのみるっこが有名で、喫茶店でも何度か見かけたことがあります。

コニカル刃

Conicalは形容詞の「円錐の」を意味し、名詞で「Cone:円錐」のコーン式とも呼ばれます。

挽いた粒が多角的になるので表面積が広く、風味を引き出しやすいのが特徴です。

エスプレッソを抽出するための極細挽きに対応している機種もあります。

コニカル式ミル
bodum BISTRO ボダムビストロ 電気式コーヒーグラインダー
created by Rinker

ボダムのビストロは、据え置き型電動ミルの中でもコスパに優れたモデルです。

ロール式

最後に紹介するのはロール式と呼ばれるコーヒーミルですが、これは業務用として使われるのが一般的で家庭用のコーヒーミルでは見かけたことがありません。

ミルの中で最も粒の均一性に優れており、コーヒー豆を販売する卸業者の製造工場で使われていたりします。

一応、こういうものもあるんだなということで紹介しておきました。

手動ミルの選び方

HARIOコーヒーミル
HARIO セラミックスリムミル

お手頃価格で、挽いた豆の均一性もだいたいの手動ミルは安定しています。しかし挽くのに時間がかかり大変なのがネックですね。

数千円台のミルが多いのですが、中には高級モデルで1万~3万円程度のものもあります。

高級モデルは確かにほかの手動ミルとは一線を画すような品質の良さがありますが、そこにお金をかけるなら電動ミルを購入したほうが賢明かなと思っています。

形状から選ぶ

手動ミルはよほど高価格帯のところでなければ、好みのデザインで選んで良いと思います。

その上でそれぞれの有名メーカーや人気のモデルを紹介しながら、特徴をまとめていきます。

アンティークタイプ

コーヒーミル ザッセンハウス ミル ラパス
created by Rinker

見た目がヨーロッパのアンティーク雑貨のようなタイプの、手回し手動ミルです。ある程度の重みがあって、安定した挽き心地が特徴。

ザッセンハウスプジョーは手回しミルの中で2大巨頭といわれるほどの、高品質で信頼のあるメーカーです。

ザッセンハウスのラパスは僕も使ったことがありますが、本当に挽き心地が滑らかで明らかに他の手動ミルとは違います。その分お値段も張ります。

クラシックミル/カリタ(Kalita)
created by Rinker

クラシックミルとも呼ばれるタイプで、高級なメーカーでなければ3,000円~5,000円くらいが多い。これでも手動ミルとしては十分な性能です。

スタイリッシュタイプ

PORLEX コーヒーミル ミニ
created by Rinker

軽量コンパクトで持ち運びに便利なスタイリッシュタイプ。細長い形状なので、挽いた豆をドリッパーに移しやすいのが利点です。

ポーレックスは本体がステンレス、刃がセラミック製の同タイプで人気のモデル。これもちょっと割高ですが、品質や作りの良さに定評があります。

【HARIO/ハリオ】コーヒーミル・セラミックスリム
created by Rinker

HARIOのセラミックスリムは、超定番のコーヒーミル。2,000円程度と価格が安く、初めてのミルとして間違いないやつですね。

ハンドルから選ぶ

手動ミルはハンドルを持って自分でゴリゴリと回すので、結構大事なポイントです。

一般的にハンドルがしっかりしていて、大きく回せるもののほうが力が入って挽きやすいです。ハンドルを取り外してコンパクトに収納できるタイプもあるので、好みに合わせて選んでみてください。

横に回すタイプ

プジョー コーヒーミル ノスタルジー
created by Rinker

手動ミルのほとんどは、横向きに回すタイプです。

タイムモアnano コーヒーミル
created by Rinker

タイムモアはチタン製の高級モデルで、スターバックスとコラボしたことでも知られています。

ハンドルをコンパクトに収納できるのもポイント。

縦に回すタイプ

カリタ Kalita 手挽き コーヒーミル ダイヤミルN ブラック
created by Rinker

ハンドルを縦に回すタイプはあまり見かけませんが、アンティーク感がより増したデザイン性の高さが特徴。

このタイプは使ったことないのですが、ハンドルが大きいので他の手動ミルよりもスムーズに豆を挽けそうなイメージがあります。

粉受けで選ぶ

挽いた豆が落ちてくる場所ですね。

基本的にアンティークタイプは机の引き出しのような容器に粉がたまります。お洒落で安定感はありますが、ドリッパーに粉を移すときにこぼしやすいのが難点。

スタイリッシュタイプの手動ミルは粉受けの口が細いので、簡単にドリッパーに粉を移せるのがメリットです。

ハリオ コーヒーミル セラミック スケルトン
created by Rinker

これは粉受けに蓋ができるので、挽いた豆の状態で保存できるのが特徴。ただし粉の状態で保存しておくと鮮度が落ちやすいので、1日以内に使い切る量でストックしておくといいですね。

刃の素材について

HARIOセラミックスリムミルの刃
分解したセラミック刃

コーヒーミルの選び方で刃の素材まで考える必要はあまりないかと思いますが、参考までに金属製とセラミック製の違いを比較しておきます。

挽き心地や切れ味重視なら金属製、使い勝手重視ならセラミック製かな。

僕はセラミック製のほうが好きです。

金属製の特徴

メリット

  • 切れ味が良い
  • 有名メーカーの刃はすごい
  • デザイン性が高いモデルが多い

デメリット

  • 金属臭、豆かすの酸化臭がつく
  • 水洗いできない
  • 静電気と熱が発生しやすい

先ほどの手動ミルで紹介したザッセンハウスのミルは金属製の刃ですが、その切れ味は圧倒的です。

一方でメンテナンスの面で難ありという印象ですね。

セラミック製の特徴

メリット

  • 丸洗いできる
  • 静電気や熱が発生しにくい
  • 耐久性が高い

デメリット

  • 切れ味が劣る
  • インテリア性が低い
  • 素材にコーヒーが着色する

セラミックは固い材質で耐久性が高く、洗えるのが最大のメリット

切れ味に関しては金属製に劣るものの、中国製の怪しいノーブランド製品でなければ不満を感じたことありません。

また、白いセラミック刃だと、使っているうちにコーヒー豆の茶色が着色していきますが、使用に問題はありません。

僕が持っている3種のミルを挽き比べてみた

ミル3種の挽き比べ
  • 手動ミル
  • プロペラ式電動ミル
  • カット式電動ミル

コーヒーミルを大別するなら基本的にこの3種になるかと思うので、それぞれを実際に引き比べてみました。

手動ミルで挽いた豆

手動のコーヒーミルで挽いた粉

手動ミルは三ツ矢状のダイヤルを感覚で調整して、挽き目をコントロールします。

挽き目のばらつきは余り気になりませんが、やっぱり手で回して挽くのは面倒ですね。

電動(プロペラ式)で挽いた豆

プロペラ式の電動ミルで挽いた豆

写真で見ると分かりにくいですが、挽き目のばらつきは結構あります。

プロペラ式ミル、いわゆる格安電動ミルは「買ってはいけないミル」としてよく言及されますが、個人的にはそうは思いません。

確かにムラはあるものの、実際にコーヒーを淹れて飲んでみても大きな違いを感じられるかと言ったらどうだろう…。

僕がよほどバカ舌だと言われたらそれまでですが、手動ミルで豆を挽く手間とプロペラ式の品質を天秤にかけると、プロペラ式の手軽さを求めたくなります

電動(カット式)で挽いた豆

カット式ミルで挽いた豆

すべての良いとこどりをしたようなミルを求めるなら、やはり据え置き型のミル一択となります。

粉を手で触ってみても全体的な粒の揃いが分かります。

しかし価格はぐんと上がるので、ここまでのお金を出せるかどうかが分かれ道になります。

【結論】まず買うべきコーヒーミルは…

最終的な結論を述べる前に、良いコーヒーミルの条件をおさらいしておきます。

  • 均一に挽ける
  • 微粉が少ない
  • 静電気と熱が発生しにくい
  • メンテナンス性が良い
  • 耐久性が高い
  • 挽いた豆の香りが豊か

これらをすべて完璧に満たすものはありませんが、限りなくこれらの条件を満たしているのがカリタネクストGだと思っています。

カリタ コーヒーグラインダー ネクストG
created by Rinker

とはいっても、いきなり35,000円はハードルが高いですし、最初はもっと手軽に始めたいと思います。

価格と性能のバランスをみながら、毎日コーヒーを淹れることを考えると次のような順序になります。

  1. プロペラ式電動ミル
  2. 据え置き型電動ミル
  3. 手動ミル
  4. 高級手動ミル

あくまでも「これからコーヒーを自分で挽きたい人におすすめする」僕が考える基準になりますので、理由を述べていきますね。

プロペラ式のミルばコンパクト
プロペラ式ミルのデメリット

ネット上ではさんざん言われがちなプロペラ式のミル。確かに豆の均一性が一番悪く、微粉も発生しやすい、静電気で粉も付着します。

それでも毎日コーヒーを淹れることを考えたら、手動ミルよりも圧倒的に便利なプロペラ式を選びます。僕はこの手軽さを上回るほどの味の違いもわかりません。

美味しいコーヒーの条件で最も大切なのは、新鮮な豆を挽きたてで飲むこと。これは揺るぎません。

そう考えると毎日挽く作業が負担にならない電動のほうが、無理なくコーヒーを楽しみ続けられるのです。

プロペラ式定番
ラッセルホブス 電動コーヒーミル
created by Rinker

ラッセルホブスのプロペラ式ミルは、比較的評判が良い製品。僕がカフェで働いていた時も、コーヒー好きな常連さんでこれを買って喜んでいる人がいました。

安さ重視
メリタ コーヒーグラインダー アロマ
created by Rinker

2,000円台で、有名なコーヒーメーカーMelittaのプロペラ式ミルです。

カリタネクストGの電源ON
カリタネクストGの調整ダイヤルと挽き具合

もしも予算を1万円以上とするなら、間違いなく据え置き型の電動ミルをおすすめします。

挽き目をダイヤルで簡単に調節でき、挽いた豆の質も安定しています。価格以外では大きなデメリットがないと思います。

これまじおすすめ
カリタ コーヒーグラインダー ネクストG
created by Rinker

ちょっと奮発しましたが、これは本当に買ってよかったと思っています。

リンク家庭用最強ミル「カリタネクストG」レビュー

コスパ&エスプレッソ用
デロンギ コーン式コーヒーグラインダー ブラック
created by Rinker

エスプレッソ用に極細挽きに対応しており、1万円ちょっとで購入できるモデル。

全分解できる手動式ミル
手動式ミルの粒度調整

手動ミルはコーヒーを挽く行為そのものを楽しめる人には、一番おすすめできます。僕も初めて豆を挽いたときは、アンティーク調の手動ミルでしたがかなり感動したのを覚えています。

しかしその気分は長く続かず、だんだんと「めんどくせーなー」と思ってくるんです(笑)

毎日の習慣でコーヒーを飲む人にとっては、やはり品質にある程度妥協しても電動には及びませんでした。

ちなみに、1万円を超えるような高価格帯の手動ミルは確かに品質がめちゃくちゃ良いですが、完全に趣味の世界という感じですね。

これで十分
【HARIO/ハリオ】コーヒーミル・セラミックスリム
created by Rinker

コーヒーミルデビューでも安心の、まず間違いないようなコスパ最強ミル。

ちょっといいやつ
PORLEX コーヒーミル ミニ
created by Rinker

6,000円程度で一生ものにもなるレベルの高品質な手挽きミル。コーヒー好きの人でも結構持っている人いるかと思います。

最初はコーヒーミル選びは迷いますが、コーヒーがずっと好きであるためにはやっぱり日々の使いやすさが一番大切。

僕はコーヒーそのものはもちろん、コーヒー器具も好きだったので、なんだかんだいろいろなミルを試してきました。

たまには手挽きで優雅なコーヒータイムを楽しむのも良いですが、結論としては安くても高くても電動のほうが使う頻度が圧倒的に多いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です