【更新情報】ミニマリストの部屋紹介

掃除のコツは汚れの種類と綺麗にする仕組みを知って化学的にやること

化学的な掃除のコツ

見て見ぬふりをしながら、後回しにしてしまう掃除があります。

例えば浴室の黒かびや、キッチンの頑固な油汚れ。あまり触りたくないし、手間がかかって簡単に済む掃除ではありません。

そんな厄介な掃除も化学的に掃除を取り組めば、思っているよりも簡単に汚れを落とすことができるのです。化学的にといっても難しい話ではなく化学式も一切でてきません。僕も化学は苦手科目でした。

なんとなくの掃除をやめて、論理的に汚れを落とす仕組みから適切な手順で掃除をしていくことです。

家の中の3つの代表的な汚れ

家の中の汚れは大きく分けて3つあります。

  1. 油脂汚れ
  2. 水垢汚れ
  3. カビ汚れ

これらは汚れの性質そのものが違うので、油脂汚れにきく掃除の仕方では頑固な水垢汚れは落とせません。もちろんその逆も然り。

大切なのは汚れが酸性であるかアルカリ性であるかを見極め、その汚れの反対の性質で中和させてあげること。

油脂汚れ

最も代表的な汚れでいたるところにあります。

キッチンやガスコンロ周り、換気扇などは料理中の油が飛散しています。食材のカスなども該当します。目には見えなくても、調理中の油は空気中に漂うので必ず油汚れはつきます。

そして床や壁、ドアノブ、テーブルなど人間の皮膚がよく触れる場所にも皮脂として汚れがつきます

油、焦げ、手垢、汗、ヤニといった有機物的な汚れをまとめて油脂汚れとします。

油脂は放置すると酸化していくので汚れの性質は酸性になります。重曹やセスキ水といったアルカリ物質で汚れを落とせます

水垢汚れ

水垢は水に含まれるカルシウムなどのミネラル分や石けんカスが原因の汚れ。

キッチンや洗面所、蛇口、浴室、鏡などの水まわりに発生する白い跡のような汚れですね。ヤカンや加湿器、電気ケトルの内部にも水垢はつきます。

水飛沫はだいたいいつも同じ場所に飛ぶので、水垢汚れはどんどん蓄積されていきます。これを放っておくと汚れが堆積して固化していくので、どんどん落ちにくい汚れに。

油脂汚れとは正反対にアルカリ性なので、酢やクエン酸といった酸性物質で汚れを落とせます。頑固な汚れになってしまったら力まかせにこするのではなく、繰り返し酸性物質(クエン酸など)でこすること。表面から徐々に汚れが取れていきます。

これも結構面倒なので、水垢は気が付いたときにこまめに拭き取っておくのがベストです。

研磨することでも落とせますが、それはそれで鏡や建材などの元地を痛めてしまいかねません。

カビ汚れ

浴室、洗面所、窓のサッシ、エアコン、玄関といった湿度の高い場所や、湿気のこもりやすい場所で繁殖する厄介なカビ。

特に「温度」「湿度」「カビの栄養」の3条件がそろってしまうと繁殖していきます。

リンクカビの発生を抑える10の対策と発生したカビの対処法

カビを放置するとアレルギーや病気の要因になるのはもちろん、見た目の観点からもきもいので見過ごせません。

カビは根を張るので普通の洗剤類ではなかなか太刀打ちできません。塩素系の漂白剤を用いるのが一般的です。根が浅く軽い黒カビなら酸素系漂白剤でも可。

ちなみに浴室に発生するピンク色のぬめりは、細菌のメチロバクテリウムです(あるいは酵母菌のロドトルラという可能性もある)

塩素への対抗があるので、カビと同様には落とせません。専用の洗剤もありますが、60度以上のお湯でも殺菌できます。

汚れは段階的に取っていく

主な3つの汚れを紹介していきましたが、いちいち考えていくのも面倒です。

そもそも一ヵ所の汚れが1つの汚れとは限りません。水垢のついた調理台の上に油汚れもついてるといった複合的な汚れもあります。

掃除のコツはこれらの汚れを段階的に取っていくことです。

まずは水で落ちるか

水で濡らした布などでこすって落ちるようであれば簡単に対処できます。

埃やこぼした液体、油ものでもすぐに拭けば水拭きで綺麗になりますね。

アルカリ性のもので落ちるか

重曹、セスキ水、酸素系漂白剤などがアルカリの性質を持ちます。

普段の掃除では重曹かセスキ水が使えるので、キッチン周りやリビング家財などは対処できます。有機物由来で固化したカルシウム以外のものであれが重曹かセスキ水で大抵はどうにかなります。

最後は酸性のクエン酸などで

カルシウム分が結晶化した水垢や、トイレの尿石などはいわば小さな鍾乳石のような汚れです。

クエン酸やお酢などの酸性物質で、汚れを中和するように落としてください。

僕の普段のやりかたでは、水拭きやアルコールスプレーで簡単に拭き掃除。汚れている場所は重曹かセスキ水を使って汚れを除去します。

キッチンなど水回りは最後にクエン酸水をスプレーして拭いておくとすっきりして、かなり綺麗な状態を保てると思います。

ちなみにカビ汚れだけは特別で漂白剤類で対応します。

掃除は化学と物理で効率的にこなす

洗剤は化学反応を利用して汚れを中和し、それを物理的な力でこすり落とします

適当に洗剤を選んだり無暗にこすりまくるのではなく、適切な性質で汚れを分解しながら落とすのが効率的な掃除です。

汚れだけでなく埃やゴミだって室内の人の行動に伴う気流や、静電気、湿度といった物理条件に左右されて空気中を漂い、ある一定の箇所に集まります。

汚れる原因や汚れを落とす仕組みを理解すれば、本来掃除をするべき場所を重点的にかつ効率的に進めていくことができます。

ほこりや手でとれるようなサイズのごみは簡単に掃除ができますが、汚れというものはどんどんたまるもの。汚れが蓄積されるほど落とすのが大変になるので、軽いうちにこまめに掃除をする習慣をつけていきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です