ライトな記事を更新中|暮らしポスト

3日間は生き延びるための、一人暮らしに必要な防災用品まとめ

地震対策グッズ

地震大国といわれている日本ですが、近年では風水災害もかなり増えてきましたよね。他人事だと思ってニュースを眺めていた現実が、いつ自分の身に降りかかってくるか分かりません。

一人暮らしでは助けてくれる人もおらず、災害が起きても自分で対処していかなければいけません。避難所にいても常に心細い思いをするとも聞いたことがあります。

いざというときのため、災害発生からライフライン復旧までの蓄えや知識を備えておきましょう。

具体的に備えておきたい非常袋の中身について紹介していきます。

非常食と保存水

非常食や保存水は必須ですね。理想は1日3食×3日分のストックです。

水は成人で1日当たり3リットル必要といわれているので、余裕をもって10~12ℓ程度あるといいかもしれません。

レトルト食品や缶詰、お菓子などもあるとエネルギー補給やストレス緩和になります。

着替えや衛生用品

タオルや下着類は必ず持っておきたいです。非常時でも清潔を保っていたほうが、精神的にリラックスできます。

ウェットティッシュやアルコールもあると、なにかと便利ですね。

また、ポリ袋は災害時の用途が広く、複数枚ストックしておきたいアイテムです。トイレ、雨具、ゴミ袋などに使えます。

忘れがちですが女性は生理用品も備えておくべきですね。

あると便利なもの

必ず必要なわけではありませんが、あったほうが何かと役に立ったり安心材料になります。

懐中電灯

災害発生時間が深夜だと懐中電灯が必要になります。暗がりを照らすだけでなく、救助を求める信号の役割があったりもします。

携帯ラジオ

災害時のリアルタイム情報を聞けます。

今何が起こっているのか客観的に情報がわかると、心理的な負担が軽くなる安心材料になります。

中には手回し充電の懐中電灯と携帯ラジオが一体になっている便利なものもあります。

軍手とノコギリ

軍手やノコギリがあると片付や救助活動で使えます。軍手はガラス片から手を守ったり、時期によって防寒にもなったりと汎用性が高い。

カセットコンロ

大きな地震が起こると大抵ガスが止まるので、お湯を沸かしたりレトルト食品を温めるのに重宝します。

ボンベも数本ストックしておくと安心です。

温かいものが食べられるだけでも、緊張は和らぐようです。

重要な貴重品はすぐに持ち出せるように

保険証のコピーと現金は財布とは別にいくらかもっておくといいです。

最近は電子決済が普及してあまり現金を使わなくなりましたが、災害時は金融機関が麻痺したり、電子決済用の機器が故障していることもあります。

また貴重品等はすぐに持ち出せるよう、まとめて置いておくと安心できますね。

一人暮らしだからこその防災意識

地震発生から3日程度は自力で生き延びる蓄えがあったほうがいいといわれています。防災用品がまとまった非常袋等は、いざというときすぐに持ち出せるようにしておくことも大切です。

一人だと身軽だしいざという時もササーっと避難できるだろうなんて軽く考えてしまうかもしれません。

僕も一人暮らしを始めて5年以上経って初めて防災用品を備え始めました。

いつ起こるか分からない災害は決して他人事ではありません。いざ災害が起こるとみんな自分のことで手一杯になります。

避難所や救済措置に期待するのではなく、自分のことは自分で面倒みれるくらいの備えをしておこうと思い、きちんと防災用品や非常食を揃えておきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です