ライトな記事を更新中|暮らしポスト

小物雑貨を誰でもセンス良くディスプレイする2つの配置ルール

小物雑貨をディスプレイしたテーブルの上

雑貨屋に立ち寄ったり、旅行先でちょっとした小物に一目ぼれして衝動買いすることがあります。よくあることですよね。

しかしお店で見たときはすごくよく見えたのに、いざ家に飾ってみるとなんか違う

そもそもお店はコンセプトを通して雑貨を仕入れてますし、ディスプレイの仕方も家とは違います。だからお店で見たときと家で見たときの雰囲気が違うのはよくあることです。

雑貨を誰でも簡単に、そこそこセンス良く見せられるようなディスプレイには2つのルールがあります。

大中小で3つを三角形にディスプレイ

小物をディスプレイするルール

バランスよく見える雑貨や小物の置き方は3つを大中小と三角になるようにすること。

ここでは背の高い花瓶、中くらいの菓子入れ、背の低いAmazon Echo dotです。

何も考えずにあれこれ並べるよりも、三角になるような配置で物を置くだけでなぜか綺麗にまとまって見えるのです。

3つというのはとてもバランスのとりやすい数字で、1つだと唐突に置かれている感じと寂しさがあります。偶数だとカッチリしすぎて逆に落ち着きません。3つ置かれていると「トン・トン・トン」とリズムが生まれるのも、見やすい理由ですね。

壁面のディスプレイのルール

棚やテーブルの上だけでなく、壁面でも同様です。

これは壁とカウンターの三角位置を利用して、正面から見たときにバランスよく整うように配置しました。

さらに置くものにテーマを決めて、統一感あるもので3つ並べるとさらにセンスよくまとまります。

テーマが「海」「夏」ならブルーのグラス、貝殻の置物、海のポストカード。

テーマが「クリスマス」ならミニツリー、サンタの置物、赤と緑の花。

こんな具合で季節や行事ごとのテーマや、色を揃えて雑貨をディスプレイするとハイセンスに感じられるかと思います。

同じものを3つ並べるだけでもOK

壁面の額を3つ並べたもの

3つ別々のものを組み合わせるのが難しいという場合は、まったく同じものを3つ並べるだけでそれっぽくなります

例えばここでは横並びではないですが、同じ写真の額を3つただ並べています。中の写真の内容は違いますけど、壁の面が変わるので大きな違和感はないかなと思ってます。

同じものを3つ並べただけのディスプレイ

場所を目いっぱい使わずに、ある程度の余白を出して余裕のある飾り方にするのも大切です。

洗面所ですが、ものをたくさん詰め込むのではなくデザイン性の高い容器のものを、余裕もって並べるのがコツ。

並べるものは用途、素材、色、形などである程度共通項のあるものにすると良いですよ。なんの脈絡もない雑貨や小物が並んでいると、どうしてもちぐはぐに感じてただ雑多な印象になってしまいます。

トレーの上に並べた小物類
イメージ

また、トレーの上に小物を並べて置いておくと唐突にディスプレイされてる感じがなくなり、こなれた雰囲気を出せます。

ぜひ試してみてください。

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です