【更新情報】ミニマリストの部屋紹介

電子レンジで温めてはいけない食材と器

短時間で器ごと加熱できる手軽な調理家電ですが、ちょっとした手違いでトラブルのもとになります。

電子レンジで事故を起こさないために、温めてはいけない食材や器を確認しておきましょう。

金属製のものは使えない

金属全般は電子レンジで温めると、火花が散ってめっちゃ危険です。

オーブンレンジの場合、付属の調理用角皿や調理網も使えないので、オーブンとレンジを切り替えるときに気を付けてください。

金彩加工やアルミホイルも注意

ちょっとお洒落な洋食器には金彩加工が施されているものがあります。そういった食器も、火花が散って危険です。

アルミホイル、アルミ容器、金串なども電子レンジで使えないので注意しましょう。

水分の少ない食材

そもそも電子レンジの加熱原理は、マイクロ波で食品中の水分子を振動させた摩擦熱によって温めています。

水分の少ない食材は短時間で水分が蒸発して、発火発煙の危険性があります。

水分の少ない食材
  • 根菜類(芋、にんじん)
  • 香味野菜(パセリ、大葉)
  • ドライフルーツ など

水分の少ない食材を加熱する方法

食材中の水分が少ないものは、

  1. 水に濡らしてラップにくるんで加熱する
  2. 耐熱容器に少量の水を張ってラップをして加熱

パンなどは様子を見ながら低ワット数で短時間加熱するといいですね。

殻や膜のある食材は爆発注意

卵を電子レンジで温めてはいけないのはわりと周知のことですよね。

殻や膜のある食材は、加熱によって水分が膨張して内側の圧力が高まり爆発する危険性があります。庫内で爆発しなくても、レンジから取り出して箸などを刺した瞬間に爆発することもあるようです。

殻や膜のある食材は事前に箸や串で穴をあけておくなり、膜の内部に圧力がたまらないようにしましょう。

注意するべき食材たち

  • 銀杏
  • ソーセージ
  • たらこ
  • いか
  • トマト など

膜の薄さは特に関係なく、電子レンジで加熱する場合はすべて注意してください。

ちなみに銀杏は封筒に入れてレンジ加熱をし、あえて爆発を利用して殻を剥く方法がありますよね..。

飲み物の突沸に要注意

飲み物は電子レンジで温めても大丈夫ですが、突沸に気を付ける必要があります。

特にとろみのある汁物やカレーなどが突沸しやすく、加熱した容器を取り出す際の振動などで急に吹き上がることもあります。

また沸騰直前の液体に、インスタントコーヒーやお茶の粉末を入れて突沸を起こす事例もあるみたいです。

飲み物は熱々に温めすぎないように気を付けましょう。

電子レンジで使える食器と使えない食器

電子レンジで使ってもいいのかどうか迷う食器もあるでしょう。

判断基準としてざっくりと、水分を含む食器かどうかを考えると分かるようになります。

水分を含まない食器はOK

食材とは反対に、食器は水分を含まないものが電子レンジで使えます

ガラス容器や樹脂容器などが該当しますが、中には耐熱性の無い容器もあるので、耐熱温度を確認しておきましょう。

水分を含む食器はNG

逆に水分を含む容器は電子レンジで使用不可です。

  • 木製製品
  • 漆器製品
  • 陶器
  • 紙パック

紛らわしいですが磁器は電子レンジ対応が多く、陶器は電子レンジ非対応が多いです。

といっても僕は陶器でも電子レンジで使ってしまいますが、磁器よりも強度がなく急な温度変化に弱いです。繰り返し使っているうちにひび割れたりする可能性があるので、大切な陶器なら電子レンジの使用を控えたほうがいいですね。

電子レンジ庫内の掃除もこまめにしておこう

食品のカス等が庫内に残っていると、繰り返して使っているうちに次第に炭になり焦げて燃えることがあります

電子レンジの中のカスや飛び散った汁などは、定期的に掃除するようにしましょう。重曹水を使うと油汚れと食品の臭いに効果があるので一石二鳥です。

便利な電子レンジもちょっとしたミスで大きな事故につながりかねないので、安全に使えるように最低限の知識は備えておきたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です