Bloomee LIFE(ブルーミーライフ)で花のある生活を始めたメリット・デメリット

6回目に届いたブルーミーライフの花

結婚や送別会など大きな行事で花をプレゼントすることはあっても、普段から花が生活に浸透してる人は少ないですよね。とくに一人暮らしだと。

自分も人から貰ったりあげたりしたことはあっても、日常で花を生けようと思ったことはありません。

ちょっとした癒しを求めたり、暮らしの質をそっと上げるという意味では花はとても有効だと思うのです。

でも花の知識はないし、花屋に通うのも面倒だし、そこまで労力をかけるほどは求めてないというジレンマ。

そんなわがままな人にもぴったりなのが、花が家に届く「花の定期便」サービスでした。

「花のある暮らし」を始めるならBloomeeLIFEがおすすめ。
ペットが飼えない、観葉植物を枯らしてしまう、そんな人でも生活に彩りを与えて、暮らしがちょっと豊かになります。

「花の定期便」で気軽に花を飾れる

初めて届いたブルーミーライフ

BloomeeLIFEとは毎週、あるいは隔週で自宅にアレンジメントの切り花が届くサブスクリプション(定額)サービスです。

サブスクリプション、最近よく聞くでしょう?

こういった花の定期便サービスはほかにたくさんあって、中には市場から直接配送するものや、花屋直営のサービスもあります。

僕がまずブルーミーライフを選んだ理由は、単純にネット上で情報が多く利用者も多かったからです。Instagramを活用してインフルエンサーマーケテイングもがんがん取り入れた賜物でしょう。

花の品質といった点ではもっと良いサービスがあるかもしれませんが、すでに知名度と利用者を大いに獲得しているブルーミーライフは、サービスの質も平均化されて安定してるのかなと思ってます。

週替わりで届く花束

ブルーミーライフ2便目の花束

届く花は毎回ランダムで、花をチョイスする花屋も変わります。いろいろな花屋の特色ある花束を、毎回週替わりでサプライズ感覚に楽しめるわけですね。

ブルーミーライフと提携している花屋は全国で100以上。知らなかった花や自分では選ばないだろうアレンジとの出会いもあります。

自分で花屋に通うのもいいですが、それ以上に広く知れることもあるわけですね。ブルーミーライフで届く花にはだいたいショップカードも同梱されているので、僕も気になった花屋が1~2店くらいできました。

ポストに投函されたブルーミーライフの花
我が家のポストに投函された様子

花はこのようにポスト投函されます。

追加の配送料がかかりますが手渡しにすることもできます。

ポストのサイズ

タテ4.5㎝×ヨコ16㎝以上

奥行きは15㎝以上

サイズはあくまでも目安。うちのポストはたぶん奥行きとかサイズを満たしてなさそうですが、問題なく利用できています。

ブルーミーライフの箱

花が梱包されている箱は、まあまあ強度があって中身がつぶれないようにマチがつけられています。通気性などにも考慮されているみたいです。

ブルーミーライフは東京にありますが、提携花屋は全国の利用者の比較的近い地域から配送されます。場合によっては長距離輸送になるので、ある程度頑丈な箱でないと不安ですよね。

配送範囲について

正確な配送範囲についてはわかりませんが参考までに。僕が現在住む場所が愛知県一宮市で、これまで届いた花屋の所在地が下記の通り。

  • 岐阜市
  • 名古屋市
  • 豊田市
  • 静岡市
  • 沼津市

一番離れていて一宮市と沼津市で180㎞くらい。

岐阜・愛知・静岡の東海3県といった具合にある程度地方で区分けされているかもしれません。

複数の提携花屋から毎回ランダムに届くので任意の花屋を選択できませんが、今後選べる機能を追加する予定はあるみたいです。

3つのプラン

ブルーミーライフの3つのプラン
出典:BloomeeLIFE プラン紹介

ブルーミーライフの花の定期便には3つのプランがあります。

  1. 体験プラン
  2. レギュラープラン
  3. プレミアムプラン

それぞれ花のボリュームや配送方法が異なるのですが、契約中でもマイページからプラン変更できます。プラン変更で料金がかかることもありません。

個人的なおすすめは断然レギュラープランですが、最初は体験とレギュラーで悩むと思うので表にしました。

体験プラン

  • 500円(+送料250円)
  • 3本以上の花
  • ポスト投函
  • まず花に慣れるという人に!

レギュラープラン

  • 800円(+送料350円)
  • 4本以上の花
  • ポスト投函
  • コスパと満足度を両立!

どちらのプランも+500円の送料で時間指定して手渡しに変更可能です。とはいえポストがあるなら特別な事情がない限り、ポスト投函してもらうのが便利です。

プレミアムプラン
  • 1,200円(+送料500円)
  • 5本以上の花
  • 手渡し
  • 1番豪華な花束で!

どのプランも支払いはクレジットカードのみとなっています。

旅行など長期で家を空ける時に届く花をスキップしたい場合、マイページの「お届け一覧」から次回以降のお届け予定のスキップ(お休み)ができます。ただし変更は届ける週の月曜日までに完了させる。

https://hitomaga.design/wp-content/uploads/2019/08/alpaca1.png

花の本数はあくまでも目安で、僕が利用してるレギュラープランだと、だいたい5本くらいの花が届く場合が多いです。

プレミアムのボリューム感は実際に見ていないのでわかりませんが、一人暮らしならレギュラーでも十分リビングが華やかになりました。

リンクお花のある暮らしを体験してみる
リンクBloomeeLIFEの利用開始手順

花の手入れがとても大事!!

ブルーミーライフで届く同梱品
箱の中身

ブルーミーライフで届く花は、100㎞以上の長距離を経由して自宅に届く場合もあります。花は生き物なので届いたときに枯れてはいなくとも、だいぶ疲れているかもしれません。

人間と一緒ですね。

だから花が届いたらなるべく早く処理して生けるようにします。

ブルーミーライフの延命剤
延命剤

同梱品として延命剤が入ってます。

僕は最初だけ花瓶に水と延命剤を入れて2~3日水を変えません。4日目以降は毎日水を変えるようにしていると、たいていの花は枯れずに2週間はもちましたよ。

https://hitomaga.design/wp-content/uploads/2019/08/alpaca3.png

ベストは毎日水を変えることだね。

届いたらまずやるべきこと

茎を洗う
切り花の水揚げ

花屋から直接届くので、配送時間や配達の仕方、時期によっては花がくたっとしてることがあります。すぐに水揚げ作業にかかれば、だいたいしゃっきりと元気になります。

花屋にもよりますが、茎の根元に保水用ゼリーなど使用してる場合があります。そういったゼリーを取り除くため、まず軽く茎をすすいでおきます。

水切り
花の茎を切る

水切りと呼ばれる作業で、茎を下から1~2㎝ハサミで斜めに切り落としてください。切り口が新しくなって、花が水を吸い上げやすくなります。

できれば水中で切ったほうが、切り口の乾燥や茎内部の導管に空気が侵入するのを防げます。まあ、そのまま切っても大きな問題はありませんでした。

花の茎は斜めに切るのがポイント

斜めに切ることで切り口の表面積が広がり、より水を吸い上げやすくなります

ハサミはできる限り切れ味の良い専用のものを使うと、導管をつぶさずにスパッと綺麗に切断できます。

そのための専用のハサミがありますし、ブルーミーライフのサイトでも販売されていました。適当な性格の僕は普通の文具用ハサミを使用していますけど(笑)

水揚げをする
花瓶に延命剤を注ぐ

付属の延命剤に対して150ml程度の水が適量なようですが、水が多い分にはたぶん問題ありません。

このように切り口を整えて、再び生けるまでの一連の処理を水揚げと呼びます。だいたい3時間程度で花も元気になってきます

ブルーミーライフ2回目に届いた花

葉っぱが水に浸かってしまうときは、水かさを下げるか葉を切って取り除いたほうがいいです。

花瓶やハサミはブルーミーライフのサイト上でも購入可能ですが、ちょっと割高かな。

ここで買える花瓶の良いところはブルーミーライフで届く花に最適なセレクトになっているので、失敗がほぼないでしょう。ブルーミーライフを利用しているとポイントもたまるので、それを活用して購入するのもいいかもしれません。

ブルーミーライフの花瓶やハサミの購入ページ

ハサミに関してはおそらくOEM製品なのか、同じような製品がもっと安くありました。でもブルーミーライフのロゴもおしゃれなのでブランドバリューですね。

【FlowerKitchenオリジナル】坂源 ハンドクリエーション F170 170mm 花はさみ
created by Rinker

日々のお手入れ

ブルーミーライフの花のお手入れ

日々のお手入れといっても基本的には毎日水を換えるくらい。

水を換えずに放置すると細菌が発生し、花の水分補給の妨げになります。水交換の際に気になるぬめりや汚れがあれば、それも落とすようにすすいでおきます。

あまり神経質に気にしていませんが、花は繊細なので急な温度変化やエアコンの風が直接当たらないようにするくらいは意識しています。直射日光も避けたほうがよさそうです。

切り戻し

手間を惜しまないのであれば、毎日茎を切って水切りをしてあげること。切り戻しと呼びます。

水中に浸かっている茎の断面は、傷んできたり腐ってきます。あるいは水切りをしなくても、水換えのタイミングで軽く茎のぬめりをすすぐだけで、より長持ちします。

花の名前や種類の確認

ブルーミーライフから届いた花の名前を確認するマイページ
マイページから届いた花を確認できる

マイページの「お届け一覧」から、届いた花の名前と写真、花屋の情報まで確認できます。たいてい花と一緒にショップカードと花の紹介も同梱されていますけどね。

花によっては効果的な水揚げの仕方が異なったりもするので、それぞれの花について詳しく知りたい人はここで確認すると便利ですよ。

ブルーミーライフのメリット・デメリット

小物雑貨をディスプレイしたテーブルの上

サブスクリプション(定額制)サービスが増えている中、花の定期便も探してみると結構いろいろとあります。

大企業の株式会社LIFULLが運営する「LIFULL FLOWER」や、花屋直営のBIONIC PLANTSによる「WEEKLY FLOWER」など。

たぶん今のところ知名度はブルーミーライフがトップクラスだと思います。ブルーミーライフは運営会社がITベンチャーの「株式会社Crunch Style」で、主にITやマーケティングを領域としています。

対して花屋が手掛ける定期便サービスであれば、花に掛ける想いにも違いがあると思うのは当然の感覚でしょう。

同じようなサービスでも各社特色があるので、その上でブルーミーライフに感じたメリット・デメリットをまとめます。

メリット

ブルーミーライフのメリット
  • 提携している花屋の数だけランダムに花が届く楽しみがある
  • 気軽に生活に花を取り入れられて、癒しやゆとりを与えてくれる
  • 花のセレクトは基本的にプロ(花屋)に任せられる
  • キャンペーンやプロモーションが多くユーザーを飽きさせない
  • 花のボリューム感もお手頃で、花屋に足を運ぶときの気負いがない

利用者が増えるとともに提携花屋も増えていけば、毎回違った趣の花が届く楽しみになります。

キャンペーンやプロモーションが多いのも、利用者を飽きさせない楽しみの一つだと思ってます。個人的には興味ないので、人によってはメルマガなどがうっとうしいかもしれません。

花のセレクトは詳しくない人ほど嬉しいのではないでしょうか。逆に「どういったのがお好き?」と聞かれても返答に困るので、ランダムにお任せで花が届くのはありがたいです。

何より花屋に直接行くのはちょっと気が引けるというか、男性ならとくにわかると思います。とにかく気楽に手ごろな花が届いて、生活が華やかになるというのが最大のメリットです。

デメリット

ブルーミーライフのデメリット
  • 枯れていたり萎れていることがある
  • 特に500円の体験プランはネガティブな評判が目立つ
  • 送料が割高に見える
  • 届く花、花屋ともにランダムで選べない

枯れていたり萎れている評判も見かけます。特に一番安い体験プランで目立つのですが、運送状況や夏場の環境などにも左右されるでしょう。

僕はこれまでに状態の悪い花が届いたことは一度もありませんでしたが、利用地域との相性もあるかもしれません。品質保証制度で再送できるので、何度も状態の悪い花が届くようであれば考え直すべきですね。

送料に関しては一番安いプランをワンコインの500円と打ち出しているだけに、50%の250円もかかると心理的に割高に感じます。梱包が特殊で送料がかかるのは納得できるので、750円として見れば他社サービスと価格差は大きくないと思います。見せ方が悪いですね。

届く花がランダムだというのはメリットにもデメリットにもなりえます。例えば何度も同じ花屋から届いてつまらないなんて意見も見られました。

でも今後は気に入った花屋から選べる機能を追加する予定みたいですよ。

「花のある暮らし」を始めるならBloomeeLIFEがおすすめ。
ペットが飼えない、観葉植物を枯らしてしまう、そんな人でも生活に彩りを与えて、暮らしがちょっと豊かになります。

ブルーミーライフの口コミや評判

ブルーミーライフの口コミ

ブルーミーライフは利用者数が多いだけに、好意的な口コミだけが寄せられるわけではありません。

さらに提携花屋、地域、配送状況によっても届く花の品質がまちまちなので、そういった点からも評価が複雑になっています。

好意的な口コミ

https://hitomaga.design/wp-content/uploads/2020/01/alpca-shadow.png

インスタグラマーの投稿を見て知った。実際に想像通りのおしゃれな花が届いたし、毎週花が届くまでのわくわく感がいい。気軽に花のある暮らしを始めるとっかかりとしては、敷居も低くて便利。

https://hitomaga.design/wp-content/uploads/2020/01/alpca-shadow.png

季節を感じさせてくれて、500円の体験プランでも一人暮らしなら部屋のアクセントになって丁度良い。花を選ぶセンスなどもよく分からないので気楽だし、少なくともださいと思った花束が届いたことはない。

他に「子供ができてから花屋に行けなくなったので助かる」「体験プランからレギュラープランに切り替えたらぐっと花束らしさがアップした」といった口コミが多かったです。

否定的な口コミ

https://hitomaga.design/wp-content/uploads/2020/01/alpca-shadow.png

花の萎れが多く、毎回再送依頼をすることになっている。最低購入回数(4回)のせいで、解約はできるものの差額分をただ払うだけなら無駄なので仕方なく4回は継続した

https://hitomaga.design/wp-content/uploads/2020/01/alpca-shadow.png

同じような花屋から届くことが多く、アレンジも好みと合わない。その週の担当してる提携花屋のセンスにもよるが、丈が短く本数も少ない貧相な花が届くと損した気分になる。

悪評が目立ったのは特に500円の体験プランで、確かに素人目でも貧相な写真はいくらか見受けられました。花への評価はブルーミーライフ運営から提携花屋へとフィードバックして、適宜見直しが行われているみたいです。

定額制とはいえ今どき最低利用回数、いわゆる縛りがあるのは確かにちょっと痛いですね。携帯会社じゃあるまいし。

特に多かったネガティブな口コミが、解約の仕方がわかりづらいとのことだったので、解約方法に関しては当ブログでも記事にしておきました。

リンクブルーミーライフの解約の仕方

花を飾る習慣がなかった人にこそささるサービス

花を飾る習慣

花のことは詳しくないので、品質がどうのとか、この品種は安いものを使ってるといったことは分かりません。どうしようもなく低品質な花は一度も届いてないです。

問題は「花の定期便」として満足できるレベルで正しく機能しているかどうかです。そして結論、僕は結構満足しています。

遅配もなかったですし、毎回どんな花が届くんだろうといった楽しみを味わえました。きちんと生けていれば2週間程度はもちますし、花のある生活を満喫しています。

手放しに絶対におすすめ!とは言いませんが、今まで花を飾る習慣がなかった人にとっては新鮮で非常にささるサービスではないでしょうか。

これから「ちょっと家に花を飾ってみようかな」というきっかけにはもってこいです。

「花のある暮らし」を始めるならBloomeeLIFEがおすすめ。
ペットが飼えない、観葉植物を枯らしてしまう、そんな人でも生活に彩りを与えて、暮らしがちょっと豊かになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です