【更新情報】ミニマリストの部屋紹介

粗大ごみをすぐに処理するなら環境センターに持ち込むのが簡単

先日、人生で初めて自分でごみを持ち込んで処理してきました。

家の中に粗大ごみや、指定ゴミ袋に入らないサイズの不燃ごみなど、通常では捨てにくいごみがたまっていませんか。

粗大ごみは行政に電話してシールを買って、指定の場所まで引き取りに来てもらうのが一般的だと思います。しかし手間がかかって、捨てるものが多いほどお金もかかります。

自分でごみを持ち込む手段は車が必要になりますが、手っ取り早くて基本的に料金も安く済みます。

今回持ち込んだごみ

本来はわざわざ持ち込みに行くほどのごみの量ではなかったのですが、近々廃車の予定があったので、捨てきれないものを全部処分しました。

ミニマリストのワードローブの中

収納の中にある白いカラーボックスとパイン材。一応棚として活用していましたが、ずっと処分に困っていました。

それといくつかの廃材などを持っていきました。

https://hitomaga.design/wp-content/uploads/2019/08/alpaca1.png

持ち込めるごみなどは決まっているので、事前に確認しておく必要があります。

ミニマリストのキャリーバッグ

10年以上使い込まれたキャリーバッグは、底のタイヤがつぶれていたりともう使いづらいので一緒に処分。もらいものだったので感謝を込めて(*’ω’*)

これらを車に詰め込んで持ち込みます。僕は一宮に住んでいるので、「一宮市環境センター」まで行ってきます。

一般家庭からだと、粗大ごみや引越しに伴う一時多量ゴミを持ち込めます。

ぜひご自身の住む行政のホームページなどから確認してみてください。

環境センターにごみを持ち込んできました

写真は撮っていいかわからなかったのでありませんが、ごみ処理の現場を実際に見てきて結構感動しました。

小学生のころに社会科見学でごみ処理施設に行ったことがある事実は覚えていますが、その時の光景や学んだことは全部忘れていました。

普段何気なく出している家庭ごみも、ごみの山として目の当たりにすると、環境に対する意識も変わってきますね。

ごみ捨ての順路

車で施設に入場して、受付の床にある感圧板のようなもので車ごと重さを量ります。退場するときに再度計量して、ごみをおろした差分で重量を割り出す仕組み

可燃、粗大・不燃の順路でごみをおろしていきます。基本的に自分で作業をしないといけませんが、スタッフも近くにいるので初めてでも安心でした。

最後に精算所で料金を支払って終了です。

ごみの持ち込み料金

環境センターに持ち込んだゴミの料金

持ち込むごみは10㎏で200円でした。

僕が持ち込んだごみは30㎏もあったんですかね。たぶん20㎏~30㎏の間くらいだと思うのですが、そこは10単位で切り上げられるのでしょう。

また、受付時には免許証も必要になるので忘れないように。車で行くので必ず持っているはずだと思いますけど。

ごみを持ち込めるのは、その地域の住民に限られるので確認のためですね。

ごみをまとめて処理するなら持ち込みはおすすめ

粗大ごみを普通に捨てようと思うと、

  1. ごみの受付センターに電話する
  2. 1か月~1週間前に連絡する必要がある
  3. 1回の申し込みで5点まで
  4. ごみ処理券を購入する(1枚800円)
  5. 必要事項を記入して指定日にごみを出す

一宮市の場合を前提にしてますが、だいたいどこの地域も同じような手続きだと思います。

いろいろと手数が多くて面倒なんですよね。自分で持ち込んでしまえばすぐに処理できます。

従量制の持ち込み料金も10㎏で200円は結構お得なので、粗大ごみの個数や重さをみての判断ですね。

https://hitomaga.design/wp-content/uploads/2019/08/alpaca1.png

5点以内で40㎏を超える粗大ごみなら処理券の方がお得ですね。

引越し・大掃除・遺品整理などによる家庭内一時多量ごみは、収集運搬の場合、市の下請け業者に依頼します。見積もってみない限り正確にはわかりませんが、これも自分で持ち込めるならその方が安く済みそうです。

ごみを自分で処理施設まで持ち込もうなんて考えたことありませんでしたが、やってみると手っ取り早くて簡単でした。

断捨離や大掃除の際のものの処理に困ったら、選択肢として考えてみてはどうでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です