重曹でガスコンロの頑固な油汚れと焦げ付きをピカピカにする方法

ピカピカのガスコンロ周り

家の中で特に汚れやすく、掃除も面倒な場所といえばコンロ周り。

油がべたべたで触りたくないし、焦げ付いた汚れはこすってもなかなか落ちない。かといって掃除せずに放置しても、調理時に気になってしまいますよね。

ちょっと大変ではありますが、重曹を使ってまるで新品のコンロのようにピカピカに掃除する方法をまとめました。

先にどれだけ綺麗になるかイメージしやすいように、ビフォーアフターだけ出しておきます。

Before

油汚れと焦げ付きのひどいガスコンロ
汚れをためにためたコンロです(笑)

After

綺麗に掃除したガスコンロ
新品に近い輝きが生まれた

コンロの焦げには重曹の研磨効果が効果的!

油汚れと焦げ付きのひどいガスコンロ
吹きこぼれた汁物の焦げ付き

一人暮らしでも自炊は結構するのですぐに汚れます。この記事のためにあえて汚れをためておきました。

敢えてですよ?ええ。

これくらい頑固な油汚れや焦げ付きでも、重曹で根気よく掃除すればたいてい綺麗になります。

重曹はアルカリ性の洗浄効果としては微弱なものですが、ほかの洗剤にはない研磨効果があります。しかもステンレスなどの素材も傷つけないソフトな研磨効果なので、傷がつかずにピカピカに磨けるわけです。

もっと具体的な重曹の効果や活用法などを知りたい方は、下記の記事を参考にしてください。

リンク重曹の特徴と掃除での活用の仕方

ガスコンロ重曹掃除の手順

油汚れだけならまだしも、焦げ付きに関しては非常に頑固で汚れを落とすのが大変です。

物理的にこする力もある程度必要になるのでちょっと疲れました。

重曹をかける
重曹をかけたガスコンロ

先に表面の油汚れなど、水拭きでも取れる汚れを大雑把に拭いておきます。コンロが温かいうちに作業すると、汚れが落ちやすくて効率的ですよ。

重曹を粉の状態か、若干水を加えたペーストにして汚れたガスコンロにかけます。

重曹が粘土状になるまでこする
ガスコンロにかけた重曹をこする

汚れている場所をこすっていると、だんだん重曹が汚れと混ざって粘土状になっていきます。

水溶性の柔らかな結晶が集まってできている重曹は、水と合わせると粒子の角が取れて丸くなっていき、ソフトな研磨効果を発揮します。

焦げ付きをこすり落とす
ガスコンロ周りを重曹で掃除

重曹はたくさん使っても大丈夫なので、適宜つぎ足したりしながら汚れにこすりつけていきます。

ガスコンロ周りはほとんどが軽い油汚れなので、だいたんに中性洗剤を使って掃除しています。セスキ水を使っても効果的ですよ。

リンクセスキ炭酸ソーダの特徴と掃除での活用の仕方

軽く絞った布で拭き取る
重曹でおおまかな汚れを落としたガスコンロ

重曹は粉残りしやすいので、固く絞らずに軽く絞った布で拭き取っていくと綺麗になります

最初に比べてかなり汚れが落ちてきましたが、まだ若干焦げ付きが残っています。頑固ですね。

根気よく重曹をかけて、こすって、拭いて、またかけて…とやっていれば取れる汚れでもありますが、もうちょっと効率的にやっていきます。

重曹を塗布して放置
ガスコンロを重曹でパック

重曹をお湯で溶かしてペースト状にして、焦げ付きのある部分に塗布して乾燥しないようにラップなどでパックします。

僕はこの状態で一旦出かけて、数時間放置することが多いです。

重曹はお湯で溶かすとアルカリ度が一気に上がり、汚れを中和する作用が強くなります。さらに水分を含ませた状態でパックしておくことで、汚れに浸透して緩ませてくれるかと。

このやり方が科学的に正解かどうか分かりませんけど、実際この理屈で汚れが落ちやすくなってる気がします。

クエン酸水で拭き取る
クエン酸でガスコンロをすすぎ洗う

最後に汚れを拭き取って、クエン酸水で拭き取ってます。

重曹と反応して発泡するので重曹の粉残りがすぐに分かりますし、掃除してる感がめっちゃします。

でもこの工程はあってもなくても大丈夫なので、最後にこすって汚れを落としたら、しっかりと布巾で拭き取ってください。

リンククエン酸の特徴と掃除での活用法

ちなみに五徳は重曹を溶かした湯の中に放置して、あとからこすったら綺麗になりました。

それから重曹でこするときはやわらかいスポンジ部分で大丈夫です。あまり固いものでこすり続けると、素材によっては傷がついてしまいます。

ガスコンロは重曹だけで掃除できる

綺麗に掃除したガスコンロ

汚れがシールのふちにたまりやすかったので、剥がしちゃいました。ほぼ完璧にピカピカのガスコンロに生まれ変わりましたよ。

今回はかなり丹念に重曹でこすりましたが、軽い焦げや長く放置していない汚れであれば、ここまで手をかけなくても簡単に落ちます。

重曹自体は弱アルカリ性で汚れを落とす力が強くないが、研磨効果が相まってピカピカにしてくれます。もっと手早く汚れを落としたいなら、お湯やセスキ水を活用しながら、焦げ付きを重曹でこするといいですよ。

ガスコンロの小さな掃除を習慣にする

ガスコンロを使ったら、毎回まだ温かいうちに濡れ布巾でささっと拭く。これだけで汚れがたまらず綺麗なコンロ周りを長く維持できます。

一回一回の手間は大きなものではないものの、面倒なんですよね。しかしあれだけ手間と時間をかけてコンロを大掃除するのはもっと面倒です。

なかなか汚れが落ちずに苦戦するのは汚れが蓄積しているから

毎日の小さな掃除を習慣として積み上げていけば、ずっと清潔なキッチンを維持できますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です