ライトな記事を更新中|暮らしポスト

【ヒロイン失格】桐谷美玲の色々な表情が見れる青春ラブコメディが目の保養に

ヒロイン失格

この記事は映画好きの外部ライターに執筆していただきました。

桐谷美玲が坊主頭でCMに登場していたシーンが結構記憶に焼き付いており、それが気になって観た映画です。このCMは小出来でしたね。

恋する女の子目線だけでなく、人生の中で好きな人を選ぶべきか・自分の事を好きでいてくれる人を選ぶかと迷っている人にもお勧めだと思います。

そして恋っていいなと青春時代を思い出させてくれる作品でした。

あらすじ:ヒロインとしての余裕がどんどん不安定になっていき…

出典:映画.com
(C)2015 映画「ヒロイン失格」製作委員会 (C)幸田もも子/集英社

女の子なら誰もが自分が恋愛物語のヒロインとなるのを夢見ませんか。

主人公の松崎はとりは、幼なじみの寺坂利太に恋心を抱いていた。利太が誰と付き合っても長続きしないことから、最後には一番利太の事を知っている自分の元にくると根拠のない自信があった。

しかしある日、安達未帆が不良グループに絡まれているところを利太が助ける。安達を助けた事がきっかけで急接近し、付き合い始めてしまう。

松崎はとりは、地味でいじめられ気質の安達と利太が付き合い始めた事に対して始めは余裕な発言をしていたが、安達と利太の関係発展からどんどん不安に。

そして2人をみている矢先に弘光廣祐が現れ、奇妙な三角関係?四角関係?が始まって行く。主人公の破天荒な性格や思いきった発想が見もの。

考察:好きな人をとるか、好いてくれる人をとるか

出典:映画.com
(C)2015 映画「ヒロイン失格」製作委員会 (C)幸田もも子/集英社

余裕な発言を連発していたはとりでしたが、思いの他上手くいく2人の姿をみて焦り始めます。安達もはとりの気持ちは分かっているものの、利太と離れたくない気持ちがあり意地を張っています。

そんな時にいつも助け舟を出してくれるのが弘光でした。

はとりは一度は『自分が好きな人』ではなく『自分の事を好きでいてくれる人』を選び幸せになりたいと気持ちが揺らぎます。

しかし、長年思い続けた利太の事を忘れることはできません。そして安達と発展していく前に何かできたのではないかと考えてしまい堂々巡り。

最後には、はとりは勇気を出して利太に告白…!

恋愛をする中でタイミングというのは大変重要で、必然的要素だと感じられます。好かれる人生も良いですが、自分が好きな人に対してはしっかり決着を付けなければならないのかなと思いますね。

総評:青春時代の恋愛を思い出させてくれるような映画

出典:映画.com
(C)2015 映画「ヒロイン失格」製作委員会 (C)幸田もも子/集英社

やっぱり恋愛は楽しいですね!友達がいて、好きな人がいてという青春時代は二度と戻ってきません。

この話の中でのキーワードは『自分の好きな人を選ぶか』『自分の事を好きでいてくれる人を選ぶか』という点になります。

思われて幸せと感じる人生もいいかなと思いますが、やはり自分が好きな人と叶わないと思っても突き進む事も大切なのかなと思わせてくれます。

必ずしも女子高生だけにあてはまるわけでなく、大人にも同じ状況はあかると思います。このヒロインから勇気づけられるところもあるのではないでしょうか。

https://hitomaga.design/wp-content/uploads/2020/02/yui-taniguchi-profile.jpg
谷口有威

学生のころの恋愛と、大人になってからの恋愛って性質が全然違いますよね…。

リアリティはないけど、こういったラブコメ映画でなんとなく恋愛した感をいただきましょう(笑)

Amazon prime video対象映画

prime videoは初月無料で、1か月以内に解約しても大丈夫。見放題で視聴できる映画やアニメが豊富なので、なんだかんだ見たい作品がたくさん出てきます!

また、Amazonプライム会員は、プライム会員の特典の中にprime video見放題が含まれています。

リンクプライム会員の登録

リンク学生ならお得なPrime Student

※スマホは横スクロールできます。

タイトルヒロイン失格
公開年2015年
ジャンルロマンス
監督英勉
主演桐谷美玲
主要人物松崎はとり(桐谷美玲)
寺坂利太(山﨑賢人)
弘光廣祐(坂口健太郎)
中島杏子(福田彩乃)
安達未帆(我妻三輪子)
受賞第39回日本アカデミー賞新人俳優賞ノミネート(山崎賢人)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です