【更新情報】ミニマリストの部屋紹介

ミニマリストでも増やしてもいいと思えるような物

ミニマリストでも増やしてもいいと思える物

ミニマリストとしての生活が固まってくると、普段の買い物がほとんど日用消耗品と食料品くらいになってきます。

すでに生活に必要な物が最低限揃っていて、あまり物を増やしたくないからです。

それでもこれなら増やしてもいいなと積極的に求めたくなるような物についてまとめました。

増やしてもいいと思える物

僕がこれなら部屋に増えても困らないと思えるタイプは3つ。

  1. 時間を生み出すための物
  2. 健康に繋がる物
  3. 趣味に関連する物

共通するのはどれも長期にわたって価値を与えてくれるようなもので、言い換えれば自己投資になるものです。

時間を得られるための物

それを使うことで仕事や生活の効率が上がり、結果的に時間に余裕が生まれるような物です。

仕事

  • 処理能力の高い高性能PC
  • 書類収納ファイル
  • デスクスタンド

仕事道具は人によって最適なものが違うので、少しでも効率化できそうな物は色々と試します。

生活

  • 掃除ロボット
  • 食洗機
  • 乾燥機

主に家事を自動化してくれるようなものは、毎日の積み重ねからも非常に便利でしょう。

些細なことですが、数分の時間の節約が積み重なって結果的に大きな時間になります。自分にぴったり合う道具を使うことで、効率化や時間の節約を図れるようになります。

健康につながるような物

健康は最も重要な無形の資産です。健康を見直さないといけない体になってから初めて意識しても遅すぎるので、予防健康を今のうちから考えています。

健康な体なしに大切な時間を有効には使えません。年をとってお金と時間はあるのに体が動かなければ話になりませんからね。

自分の健康に投資することは、将来性を考えると費用対効果の高い選択だと思います。

趣味にかけられる物

ガランとした引越し初日のような部屋のミニマリストや、持ち物の少なさを競ってキャリーケース1つに収めようとする人がいます。

シビアな必要最低限という枠の中で幸福感を得られるのは尊敬しますが、日々が味気ないのではと単純に疑問です。

僕は趣味に関しては最低限ではなく、最高満足を求めてミニマリスト的な思想をあてはめていません。

物を増やすのは悪くない

「どうしても物が増えてしまう」「断捨離しても新しい物を買ってしまう」なんて悩みを聞きます。

買い物をすることは悪ではありませんし、部屋が散らかったらまた断捨離や掃除をすればいいのです。

大事なのはそうやって買い物を繰り返して物を増やしたり減らしながら、自分にとって最適な必要最小限を見つけ出して維持することです。

興味のある物を色々と試してみて取捨選択を重ねていく経験が、最終的に自分の着地すべき物との向き合い方に導いてくれると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です