ライトな記事を更新中|暮らしポスト

【ジョーカー】2019年下半期に大注目を集めたスリラー映画を簡潔に紹介

ジョーカー

この記事は映画好きの外部ライターに執筆していただきました。

「ハングオーバー!」シリーズを成功させたトッド・フィリップス監督が手掛ける、栄光の受賞歴多数の傑作スリラー映画。

ジョーカーはバットマンに登場した人気のヴィランでした。それが2019年では主役となって、人々を魅了し、R指定映画史上最高となる興行収入を記録。

話題性の高さだけでも見るべき映画の一つなので、ここでは簡単にジョーカーの作品の紹介をしておきます。

カリスマ犯罪者に変貌するジョーカー

出典:映画.com
(C)2019 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved TM & (C) DC Comics

コメディアンを目指していた母親思いの青年。彼がなぜ常軌を逸した存在『ジョーカー』へと変貌したのか。

ジョーカーがヴィランたるまでの背景を辿った映画である。

登場人物
  • アーサー・フレック(ジョーカー)
    精神病に苦しみながらも、店の呼び込みピエロとして働くコメディアン志望の青年。認知症気味の母の面倒を見ている優しい青年が、だんだんと精神のバランスを崩壊させていく。
  • マレー・フランクリン
    人気トーク番組「マレー・フランクリン・ショー」の司会者。後にアーサーが憧れる人物。
  • ソフィー・デュモンド
    アーサーの近所に住むシングルマザーの女性。
  • フレック
    認知症を患っているアーサーの母。
  • トーマス・ウェイン
    舞台となるゴッサムシティの市議会議員。貧困層からのバッシングを受けている。
  • ギャリティ刑事・バーク刑事
    ゴッサム市警の刑事。
  • ランドル
    アーサーが働く職場の同僚
  • ゲイリー
    身長がとても小さい小人症で、アーサーの同僚。

アカデミー賞を確実視されていた秀作

出典:映画.com
(C)2019 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved TM & (C) DC Comics

アカデミー賞主演男優賞を受賞している通り、ホアキン・フェニックスの名演技が圧倒的に光る作品でした。

演技とは思えない動きや表情は、狂気までもが肌に伝わるほど。

音楽やファッションが評価されたのもこの映画の魅力です。

尋常であれば不協和音となるような音楽や色彩が、ジョーカーを絶妙に際立たせている。

まとめ

出典:映画.com
(C)2019 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved TM & (C) DC Comics

ぜひスリラー好きの、まだジョーカーというスーパーヴィランを知らない方にも見て欲しい。

ホアキン・フェニックスの演技に感服し、映画として傑作と言わざるを得ない、なんとも爽快さを感じる映画です。

https://hitomaga.design/wp-content/uploads/2020/02/yui-taniguchi-profile.jpg
谷口有威

ジョーカーは僕もずっと気になっている映画です。

今回は急ぎ足で簡単な紹介をしてもらいましたが、また後日自分で観てきっちりレビューしたいと思います。

Amazon prime video対象映画

prime videoは初月無料で、1か月以内に解約しても大丈夫。見放題で視聴できる映画やアニメが豊富なので、なんだかんだ見たい作品がたくさん出てきます!

また、Amazonプライム会員は、プライム会員の特典の中にprime video見放題が含まれています。

リンクプライム会員の登録

リンク学生ならお得なPrime Student

タイトルジョーカー(原題:Joker)
公開年2019年
ジャンルスリラー
監督トッド・フィリップス
主演ホアキン・フェニックス
受賞第92回アカデミー賞主演男優賞・作曲賞
第77回ゴールデングローブ賞最優秀主演男優賞・最優秀作曲賞
第76回ベネチア国際映画祭金獅子賞
など多数

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です