【更新情報】ミニマリストの部屋紹介

電気ケトルの掃除はクエン酸だけでOK!銀色の部分の水垢もピカピカに

クエン酸で掃除した電気ケトル

電気ケトルは基本的に水しか使わないので、キッチン家電の中では汚れにくいほうです。

しかし長期間使っているとだんだん底の金属部分に白っぽい斑点模様が見えてきませんか。ケトルは丸洗いもできないし、ちょっと気になりますよね。

軽くこすった程度では簡単に落ちないその水垢汚れを、クエン酸を使って掃除していきます。

【簡単】クエン酸で水垢を掃除していく

水垢のついた電気ケトル
薄く白い斑点が見えます

たまに掃除していたので軽い汚れですが、底のステンレス部分に白い水垢がついてます。これはこするくらいじゃ簡単に落ちません。

さらにケトル内部の側面には若干茶色い汚れがついてます(正体不明)

水道水にはカルシウムやマグネシウムといったミネラルが含まれており、水分が蒸発すると白く結晶化して水垢が付着します。

ただちに人体に悪影響はありませんが、見た目が悪いので定期的に洗浄しています。

市販でケトル専用の洗浄剤もありますが、今回は安価で汎用性の高いクエン酸を使っていきますね。

用意するもの

クエン酸

クエン酸以外は特別用意するものはなく、だいたい家庭にあるもので掃除できます。最悪クエン酸がなくてもお酢で代用できますので。

道具

  • クエン酸
  • 布巾
  • 細いブラシ

布巾はキッチンペーパーなどの使い捨てできるものでも結構。むしろそちらのほうが衛生的。

細いブラシがあると注ぎ口などの細かい部分もこすって掃除できます。使わなくなった歯ブラシでも大丈夫です。

ケトル掃除の手順

クエン酸を投入
電気ケトルにクエン酸大さじ3を入れる

ケトルにクエン酸を大さじ2~3杯程度入れます。約30gですが、だいたい目分量でもOKだと思います。

もしお酢で代用するなら満水量の10%程度を入れましょう。

水を満水まで入れる
電気ケトルに水を満水まで入れる

内部にしっかりとクエン酸がいきわたるように、満水まで水を入れます

軽くクエン酸と混ぜながら入れておくといいですね。

フィルターを外す
電気ケトルのフィルターを一緒に掃除

ケトルの注ぎ口にフィルターがついてるものが多いので、外して一緒に中に放り込みます。

これは後でブラシを使って網の部分などをこすって掃除します。

沸騰させてしばらく待つ
クエン酸を入れた電気ケトルを沸騰させる

クエン酸を入れた状態で沸騰させたら、そのまま1~2時間放置

水垢は目に見えやすい金属部分だけでなく、側面のプラスチック部分にも付着しているので、時間をおいてしっかりと洗浄させておきます。

ケトル内部をすすぐ
クエン酸水を入れた電気ケトルをすすぐ

最後に中のクエン酸水を捨てて、何度かすすいだら掃除完了です。

簡単ですね。クエン酸入れて、沸かして、放置してすすぐだけ。

クエン酸で綺麗になった電気ケトル

掃除が終わってキッチンペーパーで中の水気をふき取ると、ステンレスの輝きが復活していました。

もしも取り切れない水垢があれば、同じ工程を繰り返してみてください。

また、水垢が取れても薄く跡が残る場合があります。それは水垢が付着していた場所の焼け跡のようなものなので、汚れではありません。

やってはいけないケトルの掃除

一番やってはいけないのが、湯を沸かす金属部分をガシガシこすってしまうこと。たわしやナイロンスポンジでこすると、傷がついて錆止めなどのコーティングが剥げてしまいます。

クエン酸で洗浄したら柔らかい布やキッチンペーパーでこするだけで大丈夫です。

いないとは思いますが、茶渋やガラスの曇りをとる漂白剤の使用もNGです。塩素系は金属に使用不可ですし、酸素系漂白剤は酸素が発生するのでケトルの故障につながります。

電気ケトルはクエン酸のみで掃除可能です。

電気ケトルをずっと掃除せずに放置すると

水垢をずっと放置していると、その汚れがどんどん堆積していき目立つ汚れになっていきます。

水垢の下に焼き跡のようなものが残ってしまい、せっかく掃除をしても完全に綺麗になりきらないことにも。

さらに湯を沸かす熱伝導率が悪くなって、沸くのに時間がかかったり、湯を沸かす音が大きくなっていきます

掃除の頻度

掃除の頻度は、ケトル専用洗浄剤などに書かれている推奨では月に1回だったりします。

個人的には月に1回もいらなくて2~3か月に1回でも十分じゃないかなと思いますけどね。極論、水垢が目立つなと思ったらでもいいと思います。

電気ケトルの外側の掃除

ケトルの外側はたまにアルコールスプレーなどで拭き掃除しておくといいかもしれません。

お湯を注いだときの跳ね返りなどで、意外と汚れています。

ケトル専用洗浄剤ではなくクエン酸を使おう

ケトルの掃除には専用の洗剤もあると述べました。

しかしこういった製品は成分を見ると、たいてい「クエン酸」としか書かれていません。結局中身は同じなのです。

だから安価で量も多く、ほかの掃除にも使いやすい普通のクエン酸をはじめから使ったほうが経済的ですね。

とはいえ専用の洗浄剤は、掃除1回分に小分けにされているのが便利だったりもするので、状況に合わせて使い分けてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です