ライトな記事を更新中|暮らしポスト

インテリアと冷え対策のためにキリム柄のラグマットを購入しました

キリム柄ラグのインテリア

部屋にほこりがたつのが嫌なので、絨毯やラグを敷くのに抵抗がありました。

冷たいフローリングでも大丈夫です。掃除もしやすいですし。

でも冬になるとやっぱりそんなことも言ってられなくて、足先がどんどん冷えてくるんですよね。快適な生活にはかえられないということで、ちょっとお洒落なラグを買いました。

キリム柄 洗える国産ラグ
created by Rinker

キリム柄の洗える国産ラグ

キリム柄の洗える国産ラグ

ヴィンテージテイストの綿混ラグで、軽くて洗えるのが特徴。

国内工場で貴重な織機を使用して加工されている、ちょっとこだわったラグです。値段は6,000円弱くらいだったのでコスパの面でも満足しています。

フローリングに敷くとかなり滑るのが難点なので、滑り止めマットをかませるなどして対策しようと思います。

※スマホは横スクロールできます。

サイズメーカー素材重量目安サイズ製造
グレー130×176㎝中商事コットン1.6㎏2畳未満日本
素材
  • アクリル83%
  • ポリエステル11%
  • 綿5%
  • レーヨン1%

一応、ラグ自体からもほこりが発生しにくそうな毛足が短いものを選びました。

柔らかすぎず固すぎない質感で、1年中使えそうだと思ったのでこれを選んで正解です。ネットで買うと手触りは確認できないので…。

キリム柄とは

派手過ぎず個性があって好きな柄

キリムとは中央アジアの広い地域の部族や遊牧民が織る、平織りのものです。柄そのものの名称ではないのですね。

キリムと検索すると、だいたい雰囲気が似たような柄の織物がいろいろと見つかりますが、どれも一様ではありません。

実用だけでなく装飾としての伝統性もあるので、暮らしを豊かにするといった意味でインテリアに取り入れられるのも納得できます。

ラグを使うとこんな良いことがある

軽くて洗えるコンパクトなキリム柄ラグ
たたむとコンパクトで比較的軽い

冒頭でほこりがたつのが嫌だと述べたのですが、実はフローリングではラグを敷いてるほうが舞っているほこりを吸着してくれるみたいです。こまめな掃除機掛けは必要ですが、ラグがあるほうがほこり対策にもなるんですね。

冬用の柔らかいラグよりは表面がサラッとしていて、温かいとはいかないまでも冷え対策にはなりました。

なによりデザインが一番気に入ってます。ラグには敷いた場所の空間になんとなく仕切りを設ける役割があるので、インテリア的にもちょっとあか抜けた気がします。

https://hitomaga.design/wp-content/uploads/2019/08/alpaca1.png

あとはフローリングの傷防止、防音対策などにもなります。

逆にラグを敷くデメリットが少ないくらいなので、ぜひ一人暮らしでもうまく活用してみてください。

夏か冬のどちらかしか使えないようなタイプにすると出し入れが面倒なので、年中使えそうな素材・デザインにしておくのが無難だと思いました。

キリム柄 洗える国産ラグ
created by Rinker

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です