ライトな記事を更新中|暮らしポスト

【清須会議】日本アカデミー賞も受賞した、三谷幸喜17年ぶりの書き下ろ脚本&監督映画

清須会議

この記事は映画好きの外部ライターに執筆していただきました。

「古畑任三郎」や「王様のレストラン」など数々の名作を生み出している三谷幸喜の歴史コメディ作品。

この作品の後に大河ドラマにて同じ戦国時代を扱った「真田丸」を手掛けることになるので「真田丸」ファンの方は十分に楽しめる作品になっています。

本作は前田利家、滝川一益、黒田官兵衛、お市、池田恒興、堀秀政、といった戦国時代ファンなら一度は名前を聞いたことのある人物たちが登場します。有名な武将が多く登場するので、アニメやゲームなどで戦国時代を知った人にも、興味を持ちやすいテーマなのかなと思いました。

また、三谷さんの作品ファンにはおなじみの佐藤浩市さんや寺島進さん、さらに「ステキな金縛り」に登場した西田敏行さん演じる落ち武者が生前の姿で登場したりと、要所要所に小ネタやコメディ要素が入っていたりと、大変テンポのいい作品です。

あらすじ:織田家の後見を巡る4人の頭脳戦

出展:映画.com
(C)2013 フジテレビ 東宝

天正十年(1582年)
織田信長が家臣の明智光秀によって、本能寺で討死。本来の継承者は嫡男である信忠なのだが、これも討死。

織田家の存続をかけて、宿老達が会議をすることに。織田家の後見人として名を挙げたのが二人。

一人は、信長の三男、織田信孝を推挙する筆頭家老の柴田勝家。もう一人は、信長の次男、織田信雄を推挙する羽柴秀吉

文武両道に長け聡明である信孝に対し、信長以上の大うつけものと評される信雄。

果たして、この会議の勝者はどちらに?

考察:三谷監督の手腕が光る映画だった

出展:映画.com
(C)2013 フジテレビ 東宝

清須会議とは、織田信長亡き後の織田家を決める重臣会議のことなのですが、大河ドラマなどでもこのシーンはあまり長く描かれておりません。

それもそのはず、通常の合戦とは違いここは会話劇が主なシーンです。ですが、三谷幸喜さんの手にかかれば「この先の天下を取るための政治的陰謀・策略コメディ」と化すのが面白いところ。

作中に出てくる、お市の方を巡る争いや他の家臣を懐柔しようとする会話のテンポの良さは、さすが三谷作品だなと思いました。

途中、秀吉を殺そうと勝家が忍を放つのですが、秀吉が「かくまってもらえませぬか」と勝家のもとに堂々と馳せ参じた姿に勝家が降参してしまうシーンは、
秀吉という男の凄みと恐ろしさが存分に出ていたシーンではないかと思いました。

終盤でどうしても秀吉に仕返しをしたいお市が勝家と結婚するのも、結末はわかっていながらも、まぁ、そうなるよね~と思いながら見ていました。もしかしたら、本当の歴史もこんな感じだったのかなと思わせるフィクションコメディでした。

総評:時代劇を新鮮な見せ方で映画にしている

出展:映画.com
(C)2013 フジテレビ 東宝

武力こそすべてな勝家と、天下を取るためなら何でもするという非常に切れ者な秀吉が中心のこの作品。

戦国時代と言えば、やはり合戦のシーンがメインだと思いますが、こちらの作品では合戦シーンがあまり出てきません。

それだけ、家臣たちをどうやって懐柔し、自分の味方につけようと奮闘するか、
まさに「様々な思惑が複雑に絡み合った頭脳戦をうまく用いた会話合戦」というのを戦国時代でやり遂げた三谷幸喜さんはすごいと思います。

他の三谷作品と違って「鮮やかな逆転劇」のような爽快感は、確かに少ないかもしれません。フィクションではありますが、基本的には史実通りに話が展開していきます。

あまり歴史に詳しくない人でも会話を聞いていれば十分に楽しめる作品かと思います。

https://hitomaga.design/wp-content/uploads/2020/02/yui-taniguchi-profile.jpg
谷口有威

合戦ではなく、あえて時代の節目の裏側に焦点をあてた映画。時代劇としては新鮮なんでしょうか。面白そうですね。

Amazon prime video対象映画

prime videoは初月無料で、1か月以内に解約しても大丈夫。見放題で視聴できる映画やアニメが豊富なので、なんだかんだ見たい作品がたくさん出てきます!

また、Amazonプライム会員は、プライム会員の特典の中にprime video見放題が含まれています。

リンクプライム会員の登録

リンク学生ならお得なPrime Student

※スマホは横スクロールできます。

タイトル清須会議
公開年2013年
ジャンルコメディー
監督三谷幸喜
主演役所広司
大泉洋
小日向文世
主要人物柴田勝家(役所広司)
羽柴秀吉(大泉洋)
丹羽長秀(小日向文世)
受賞第37回日本アカデミー賞優秀監督賞・優秀脚本賞・優秀音楽賞

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です