【更新情報】ミニマリストの部屋紹介

『Mi Woollies(ミーウーリーズ) 羊毛ダスター』使い心地とインテリア性が最高

Mi Woolliesのハンディダスター

本棚の上やベッドサイドなどの埃を定期的に掃除していますか。指でこすると汚れがハッキリと分かるのに、見て見ぬふりしていませんか。

僕は慢性鼻炎で埃を放っておけない性格なので、ハンディモップは必須アイテムです。

どうせならアニメの図書委員会のような、綺麗な羽根帚で本棚をパタパタしてみたいんです(笑)

そこで羽根ではないのですが、一風変わったインテリア性の高いダスターを見つけました。

Mi-Woollies(ミーウーリーズ)羊毛ダスター

mi-woollies羊毛ダスター

このイタチのしっぽをもぎ取ってきたかのようなダスター、これ実は天然の羊毛でできています。

羊の国ニュージーランド産です。

mi-woolliesの羊毛ダスターハンディモップ

かなりふわふわの毛で、つい頬ずりしてしまう柔らかさ(使い始めたらできなくなるので笑)

パッと見ただけでは、これがダスターとかハンディモップとは思わないですよね。

mi-woollies羊毛ダスターの持ち手と革紐

持ち手は天然木、紐は革製です。具体的な種類は不明。

ちょっと残念な点がほとんど天然素材でできているのに、毛と持ち手のつなぎの部分だけプラスチック製でチープに見えます。

mi-woollies羊毛ダスターの毛先

ふわふわの柔らかな毛が細かな埃もしっかりキャッチ。

強く引っ張らなければ毛が抜ける心配もありません。

Mi-Woollies羊毛ダスターで掃除してみる

Mi Woolliesの毛並み

ダスターをパタパタと振ると毛が広がって、埃を絡めとりやすい形状に変化します。

見るからに埃を取ってくれそうですね。キャッチした埃は外でバサバサやって落とします。

棚の上やサイドボードなどの埃取り

Mi Woolliesの羊毛ダスターで棚の埃取り

物を置いてない平らな面は埃がたまりやすいところ。

本の天面にも埃がたまりやすいので優しく取り除きます。

Mi Woollies羊毛ダスターでベッドの宮の埃取り

ベッドの宮も埃がたまりやすいところなので、定期的に拭き取ります。

掃除道具らしからぬインテリア性

どこでも買えるハンディクイックルなどもいいのですが、出し放しにするにはちょっと生活感が気になります。

その点この羊毛ダスターは見える場所に置いといてもお洒落で可愛いですし、インテリア性が高いので気に入ってます。

汚れてきたら水洗いして陰干しをすればいいかもしれません。

埃を取ったら毎回外ではたいて、なるべく長持ちするように大事に使っていきます。

“Mi-Woollies”とは

ミーウーリーズはニュージーランドに本社を置く1936年創業メーカー。主にブーツやニットウェアなどシープスキン(羊革)を用いた高品質製品を生産している。

天然素材と変わらないクラシックなスタイリングで、世界中の人々に愛されているメーカーです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です