【更新情報】ミニマリストの部屋紹介

ほど良いミニマリストによるシンプルなライフスタイルの実践の仕方

ミニマリストのシンプルで広い部屋

ミニマリストの生活になってから数年が経過するので、自分なりに確立してきたミニマリストとしての暮らし方についてこの記事にまとめます。

持ち物を減らしてシンプルな生活になってから、日々の過ごしやすさが明らかに変わってきました。精神的にもかなり余裕を持てるようになったと思います。

現在は極限のようなミニマルライフではありませんが、程よく快適に過ごせる具合が定まってきました。

そもそもミニマリストとは

ミニマリストの1LDKの部屋ルームツアー

ミニマリストは簡単に言うと持ち物を最小限に減らして、視界が広くなったところに豊かな暮らしを見出すライフスタイルです。

大量生産・大量消費の現代社会に対するアンチテーゼもあったりしますが、細かいところのミニマリスト観は人によってそれぞれです。

ミニマリストとしての生活を通じて快適な生活や幸せを追求していく姿勢はみんな同じだと思います。

ミニマリストの部屋で作業する人 【ミニマリストとは何か】ミニマリストのなりかたと、その生活を続けていくには

ミニマリストはどんな人が向いてるか

ミニマリストな部屋で座る人

ミニマリストを目指すきっかけは人それぞれですが、散らかった部屋を綺麗にしたい、生活を一新して気持ちを入れ替えたい人が多いと思います。

引越しを機に断捨離をする外的要因もあれば、仕事も私生活もすべてが不調でライフスタイルから見直す内的要因もあります。

なんにせよ現状を変えたいと思っている人が、ふと生活に目を向けたときに試してみてほしい暮らし方の一つです。

もちろんミニマリストが全員に向いてるわけではありません。

しかし中には汚い部屋から脱却したくてミニマリストになったが、最終的にはミニマリストもやめて小綺麗なインテリアライフになる人もいます。元の汚い部屋には戻らず、ミニマリスト的な思想を生かしながら自分らしいライフスタイルを確立できたパターンですね。

ミニマリストのメリット・デメリット 【メリット・デメリット】ミニマリストの暮らしはどんな人に向いてるのか

僕のミニマリストとしての暮らし

具体的に僕のミニマリストとしての暮らしや持ち物について紹介します。

それぞれの記事に飛んでもらうと、そのトピックについてより詳細に書いています。ぜひ合わせて記事を読んでみてください。

ミニマリストの部屋紹介

ミニマリストの1LDKの部屋ルームツアー 一人暮らしミニマリストの1LDKすべての部屋紹介【ルームツアー】

1LDKで一人暮らしミニマリストの部屋をすべて紹介しています。

玄関からリビング、寝室、トイレまで一つ一つの間取りをポイント付きでまとめています。

6畳1Kでも不便なく生活できますが、僕にとっては快適とまでは言い難い。2DKの家に住んだときは部屋を1つもて余したので、1LDKが丁度良く暮らしやすいです。

ミニマリストの持ち物

ミニマリストとして生活に必要だと思う持ち物をまとめています。

もちろん人によって基準は異なりますが、あれば便利な物やなくてもさほど困らない物の参考にしてみてください。

ミニマリストのバッグミニマリストのカバンの中身からポーチまで全部公開!ミニマリストの財布ミニマリストの財布の中身を公開!コンパクトですっきりしたおすすめ財布も紹介ミニマリストのガジェット製品紹介ミニマリストの持っているガジェット製品とあえて使わないものを紹介ミニマリストの持っている家具家電【ミニマリストの家具家電】一人暮らしに必要なものと選び方ミニマリストのすべての食器自炊好きミニマリストが持っている10点の食器紹介と食器を増やさないコツミニマリストの調理器具一人暮らしミニマリストの調理器具すべて紹介、毎日の自炊がやりやすい導線に!

これからのミニマリストの暮らし方

以下は完全に個人的な意見ですが、ミニマリストはこれからも増えていくと思います。

わざわざ「私ミニマリストです」なんて公言する必要もないくらいシンプルライフが当たり前になっていきますし、実際に今でもそういう人は一定数います。僕はまだミニマリストという価値観を発信することに意味があると思ってるのでやっていますけど。

もちろん全体として見れば少数ですが、物質主義が縮小して無形のサービスや価値観へとシフトしていることが物語っています。物が人を幸せにするわけではないことに多くの人が気付き始めているのでは。

2010年代から加速度的に情報化が進んで、人々の価値観が多様になってきたのが最大の要因だと思っています。価値観や生き方が多様になるのは一見良く思えますが、必ずどこかで道に迷ったり自分では何も決められない人が一定数いるはずです。

そういった人たちが自分を整理する通過点として、ミニマリストの価値観に少し腰を預ける人が増えるのではと思っています。ミニマリストになってガラリと人生を変えた人がいることや、そういった事例がいくつもあることから容易に予想できます。

ミニマリストの物の消費 ミニマリストが感じる物の消費に対する現状と先行き ミニマリストの起源とは ミニマリストの起源って何?これからの動向はどうなっていくのか

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です