ライトな記事を更新中|暮らしポスト

一人暮らしミニマリスト20代男子の1LDKの部屋をすべて画像付きで公開します

ミニマリストのリビングの全体像

1Kのアパートで何年も一人暮らしをして、社会人になってから1LDKのちょっと広い部屋に引っ越しました。

1Kでも1ルームでも不足はないのですが、1LDKくらいあるとのびのびリラックスして暮らせるようになりました。部屋が広くなってもモノの量は増やさず、ミニマリストとしてのライフスタイルを実践しています。

そんなミニマリストとしての暮らしをすべて公開しようと思います。間取りごとに詳しくコメントを添えているので、ぜひミニマルライフの参考にしてみてください。

ミニマリスト男子の1LDK一人暮らし

駅からは離れていますが、周りは飲食店やスーパーが多くかなり気に入った物件。不動産屋に予算と条件だけ伝えておいて、満を持して引っ越すことができました。

リビング

ミニマリストのリビング
11.3畳のLDK

角部屋じゃないので窓が1つしかないのは残念。

仕事用のカウンターデスクと、手前側に読書や食事をするためのリラックスのスペースがあります。

テレビやソファといった大きな家具家電を置いていないので、すっきり広々見えるでしょう。

空間の無駄遣いなんて言われそうですが、これくらいの余白があると気分や思考もすっきりと開放的になりやすいです。6畳1Kでも足りるけど窮屈で圧迫感を感じるので、この間取りにして正解でした(逆に広すぎても掃除などが大変)

https://hitomaga.design/wp-content/uploads/2019/08/alpaca1.png

床に置いてるモノが少ないので掃除機がかけやすくて楽です。

お客さんが来たときはリラックスできませんが、そもそも一人暮らしでお客さんのことを考える必要はあまりないと思います。

ミニマリストのデスク回り
デスク回り

右側の机は配線やら書籍でちょっとごちゃごちゃしていますが、PCのデスク上だけはすっきりとさせて作業しやすいようにしています。

本はどうしても増えていってしまうので、なるべくこのスペースの一角に収まるだけにして、必要なくなった本は順次処分します。

持っていないモノ
  • ソファー(座椅子はある)
  • テレビやボード
  • 本棚などの収納家具

キッチン

ミニマリストのキッチン
部屋の中央にキッチン

キッチンが目立たないのはいいのですが、位置的に匂いがこもりやすいのが難点。これはちょっと換気しにくいですよね。

たまに自炊するので冷蔵庫は持っています。リビングで唯一の生活家電ですね。炊飯器はこの家に越してからは使わなくなりました。唯一オーブンレンジだけ欲しいなと思ってます。

2合炊きの小さな炊飯器を断捨離して、これからは鍋でお米を炊くことにする
ミニマリストのまっさらなキッチンシンク
シンク周り

シンク周りには基本的にモノを置かないように意識しています。キッチンは一番汚れやすく掃除も面倒なので、何も置かない方がかえって楽です。
次に料理をするときスムーズに取り掛かれます

水切りかごはないし、シンクの中に三角コーナーも置いてない。その都度掃除をするのは少し面倒ですが、汚れをためない習慣がつきます。

洗った食器はすぐに布巾で拭いて棚にしまいます。

持っていないモノ
  • 電子レンジ、炊飯器
  • 便利調理器具
  • 食器棚

たまにしか使わないようなモノは買わず、食器は備え付けの棚に収まる量しか持ちません。

寝室

ミニマリストの寝室
殺風景すぎる寝室

なんのためにもう1部屋あるんだってくらい殺風景です。

https://hitomaga.design/wp-content/uploads/2019/08/alpaca1.png

布団、目覚まし時計、コロコロ、作家さんから買ったアルパカの絵だけ。

寝室は寝るだけと割り切ってます。床にモノがない唯一のデメリットとして、髪の毛など落ちていると目立つ…。コロコロは必須ですね。

「ニトムズ コロコロ コロフル」 全5色
created by Rinker
ミニマリストのワードローブの中
ワードローブ

ワードローブの中には洋服と、普段は使わないモノをしまってます。衣装ケースを持っていないので、服の量も必然的に抑えられます。

洋服以外は処分に迷っているモノ、捨ててはいけない書類、稀に使う工具などがあります。高価なカメラやPCなどガジェット類の空き箱だけ、将来売る可能性を考えてとっておいてます。

収納はパンパンに詰めると機能しなくなるので、7割程度にしておくと使いやすいですよ。多少の余裕があったほうが通気性もあってカビ対策になります。

持っていないモノ
  • ベッド、マットレス
  • 衣装ケース、たんす
  • ドレッサー
  • 電気スタンドやサイドテーブル

「さあ寝るぞ!」て時にしか行かないのでスマホも持ち込みません。

ベッドはあってもいいのですが、以前引っ越した時に処分に一番困ったので悩んでいます。

玄関

ミニマリストの玄関
玄関

玄関とホールは狭いけど、靴箱がやたら大きい。今は靴を3足しか持っていないので、めちゃくちゃスペースが余ります(笑)

全身鏡は出かける前にさっと身なりを確認していけるので便利ですね。

玄関の収納スペース
玄関収納

小さな収納があって、掃除機はここにしまっています。上の棚にはティッシュやキッチンペーパーなど最低限の日用品ストックを置き、このスペース以上のストック品は買いません。

持っていないモノ
  • 必要以上の靴
  • 必要以上のストック

靴はTPOに合わせて履けるものだけ。

日用品はついついストックを買い込みがちですが、切らして即困るものはそうありません。モノはため込まずにどんどんサイクルさせたほうが、収納の空気が澱まず空間の代謝がよくなります

日用品でも新商品は無限に出てくるので、新しいモノも試してみようと新鮮な気分が味わえるのもメリットですよ。

脱衣所

ミニマリストの洗面所
洗面所

洗面所にはいろいろとモノを置きたくなってしまいますが、掃除も面倒な場所なので極力シンプルにしています(それでもちょっと多いかも)

表に置いているものは基本毎日使うモノだけです。毎日は使わないけど日常的に使うモノであれば、洗面所下の収納にしまっておきます。

綺麗に使い続けるコツはなるべく毎日布巾などでササっと拭き上げること。念入りにやる必要は全くないので、汚れを蓄積させなければ大丈夫です。

洗面所の物置
洗面所収納

洗面所の隣に棚があるので、この上に救急箱と洗剤類を置いてます。

棚の下のスペースにはランドリーボックスがぴったり収まった。良い感じにスペースが活用できました。

脱衣所も乱雑になりやすい場所ですが、床にモノを置かずに常に清潔を保てるようにしています。

持っていないモノ
  • バスマット、バスタオル
  • 柔軟剤
  • 1種類以上のバスルーム洗剤

バスマットは使っておらず、足を拭いてからそのまま風呂をあがります。普段から床を綺麗にしていますし、気になりません。

バスタオルもかさばるので替わりにフェイスタオル使ってます。男性なら髪が短いので拭ききれますよ。

お風呂・トイレ

ミニマリストのお風呂
お風呂

壁の色味が気に入ってるお風呂。

シャンプー・リンス、ボディソープ、洗顔用品、カミソリ、掃除用ブラシを置いてます。わりと普通ですね。

お風呂掃除は洗剤1種類だけで、毎日お風呂に入ったタイミングで軽くこすり掃除しています。カビキラーなど、浴槽用など無駄に分けたりする必要はありません。

ルックプラス バスタブクレンジング フローラルソープの香り
created by Rinker

月に1回くらい排水溝を含めてきちんと掃除すると思います。こちらの本の著者は排水溝すらも毎日簡単に掃除するので、汚れがたまらずに素手でも触れると書いてました。

必要十分生活【少ないモノで気分爽快に生きるコツ”必要十分生活”】仕事も暮らしも自分の手に収まるサイズに
持っていないモノ
  • 風呂おけ
  • 椅子
  • 浴槽のふた
  • タオル

おけ、椅子、浴槽のふたは汚れや水気が残りやすいので使いません。

タオルはないと洗った気がしなくて嫌だったのですが、昔アトピーだった自分は肌が弱いためゴシゴシ洗うなと言われ処分しました。

ミニマリストのトイレ
トイレ

お風呂に入る前など、こまめに床や便器をササっと拭いて汚れがたまらないようにしています。濡れたブラシを便器の脇に置いておくのも不衛生なので、掃除は全て流せるシートで済ませます。

トイレクイックル 容器入
created by Rinker

洗剤も使ってませんが、頻繁に拭き掃除をしていれば必要ありません。

とくに厚手のタイプのシートは掃除がしやすくておすすめですよ。

トイレの中の棚
トイレの収納棚

僕はよく腹痛でトイレに引きこもるので本を1冊棚にしまってます(笑)

あとはストックのトイレットペーパーと、掃除用シートと、スタンピー。このスタンピーは便器内の掃除が楽になって、トイレの匂いも抑えるので消臭剤要らずでとても便利。

created by Rinker
スクラビングバブル (Scrubbing Bubbles)
持っていないモノ
  • 掃除用ブラシ
  • 洗剤
  • マットとスリッパ

スリッパやマットも置いたほうが見た目は綺麗ですが、毎日は洗えないのでなにも置かないほうが清潔だと思ってます。だったら最初からなくして、床もまとめて拭き掃除したほうが衛生的かなと。

一応エチケットとして我が家で唯一のお客様を想定した、トイレ用スリッパはあります。

なぜ1LDKにしたのか

以上で我が家の1LDKのすべての場所を公開しました。1LDKの中でも比較的小さい間取りなので、一人暮らしにぴったりな間取りです。

「窮屈にならない広さで、身に余るほど大きくもない」そんな丁度良いところに収まってくれたのが今の家なので、とても気に入ってます。

家賃6万円(共益費・駐車場込み)
広さ1LDK16畳
築年数10年未満
立地愛知県一宮市内

僕は節約が目的でミニマリストになったわけじゃないので、家はあまり妥協しませんでした。

自宅でゆっくりと本を読んでリラックスでき、仕事のために作業に集中することもできる。そんな環境にしたかったのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です