ライトな記事を更新中|暮らしポスト

一人暮らしミニマリストの調理器具すべて紹介、毎日の自炊がやりやすい導線に!

ミニマリストの調理器具

キッチン周りは油や水で汚れやすいですが、食事を作る場所なので清潔にしておきたいもの。

料理がしやすいシンプルなキッチンになるよう調理器具を揃えてきました。

料理が好きなので本当に最低限というわけでもありませんが、比較的少ない調理器具だと思います。僕の所有している器具を全部紹介していきます。

調理器具の収納などもまとめていますので、すっきりとしたキッチンの見せ方の参考になるかと思います。

大きいサイズの調理器具

鍋やまな板などの比較的大きいサイズの調理器具から順に紹介していきます。

かさばるものが多いので、収納場所のことなどよく考えてから購入します

古いフライパンなどを「まだ使えるかもしれないから」と、とっておいても、結局新しいフライパンしか使わないので入れ替えも意識します。

フライパン、鍋類

ミニマリストのフライパンと鍋類

フライパンや鍋類はこの4つです。どれも結構頻繁に使うので、長らくキッチン収納に放置されているような道具はありません。

  • 26㎝フライパン
  • 18㎝フライパン
  • 大きめの鍋
  • マルチポット鍋

26㎝は一般的な使いやすいサイズのフライパンですが、24㎝くらいのもので1つにまとめるのもありかなと思ってます。けど18㎝サイズの小さなフライパンも朝食時など、なにかと活躍する機会が多いです。

大きめの鍋はたくさん作りおきするときや、パスタを折らずにそのまま投入できるので重宝しています。

マルチポット鍋については別の記事で詳しくレビューしています。非常に使いやすくておすすめです。

和平フレイズ ToMay IH対応マルチポット
created by Rinker

リンク一人暮らしの少量調理にぴったり!ケトル兼用マルチポットケトル

2つのまな板

ミニマリストの持ってるまな板

左はIKEAで購入したカッティングボードで、右は青森ヒバのまな板です。

簡単なカットしかない場合はカッティングボードで済ませて、きちんと調理をするときはまな板を使用します。

初めは大きなまな板1つだけでしたが、これは使い分けたほうが確実に便利になったなと思ってます。

リンク一生使っていきたい青森ヒバのまな板

リンクIKEAのゴムの木のカッティングボードを購入しました

ボウル、ザル類

ミニマリストの持ってるボウル類

ステンレス製のボウルとザルは結構サイズが小さいです。本当に1人用という感じ。

小さいサイズだけでも間に合っていましたが、大きめのガラスボウルを買い足してから調理の段取りが圧倒的にしやすくなりました

小物調理器具

ミニマリストの小物調理器具類

包丁やお玉などの小物系の調理器具を紹介していきます。

自炊が多いので焼く、煮る、蒸す、炒める、揚げるなどの一通りはできるよう揃えました。

刃物系の調理器具

ミニマリストの持ってる刃物類
  • キッチンバサミ
  • カットナイフ
  • ピーラー
  • 牛刀

ハサミはナイフもまな板もなにも出す必要がないときに使えます。洗い物を減らしたり時短にもなります。

小さなナイフは表面がフッ素加工されており食材が付きにくいのが良いところ。しかし柄から刃が出ていないので、皮むきがしづらいです。いつか買い換えます。

ピーラーは普通のT字型ではなくI字型にしました。かさばらなくて洗いやすいのですが、皮が目詰まりしやすいのが難点。スタイリッシュでデザインも良いので個人的には気に入ってます。

牛刀は最初は大きくて扱いづらかったのですが、慣れてきました。単純に三徳包丁よりカッコいいので使ってます。もちろん引き切りなどストロークの長いカットをするときは助かってます。

ターナーやお玉など

ミニマリストの持ってる小物調理器具類

ターナーとお玉は無印良品で購入。オールステンレスで持ち手に継ぎ目などがないので、洗いやすくて衛生的です。

鍋敷はゴム製なので柔らかく柔軟性があり、鍋つかみの代わりとしても使えます。

木べらと菜箸は特筆することはありません。

冷蔵庫脇にマグネットフックで掛けられた調理器具

細長くて穴があるものはマグネットフックに掛けています。

冷蔵庫の横なので料理中はわざわざ振り向かないといけませんが、コンロ周りに吊るすと油が跳ねて汚れるのであえてここにしています。

その他の調理器具

ミニマリストが所有するその他の調理器具類

揚げ物用のバットとトング、蒸し器、計量スプーンと計量カップ、茶こしですね。

計量カップはサイズがたくさんありますけど、僕は小さい100mlサイズにしました。一人暮らしなので10ml単位の計量もできるほうがありがたいからです。100を超える計量なら繰り返し注げば対応できます。

ミニマリストのキッチン家電

ミニマリストのキッチン家電

キッチン家電も併せて紹介しておきます。

冷蔵庫は2005年製くらいの無印良品のもの。かなり古いけど、このサイズの冷蔵庫で圧倒的にデザインが良かったので中古で購入しました。前の持ち主が綺麗に使ってくれていたのも幸いです。

シンプルな機能性のオーブンレンジ

シャープのオーブンレンジ

シャープのオーブンレンジです。

余計な機能がなくシンプルなダイヤル操作だけで、電子レンジとオーブン機能を使えます。

色んなメニューがあってもどうせ使わないので、シンプルで洗練されたデザインのほうが個人的には嬉しいです。

その他キッチン家電

ミニマリストが持ってるキッチン家電

左からブレンダー、電気ケトル、計量器です。

ブレンダーみたいな用途が狭い専用機はあまり好まないのですが、これを使わないとできない料理もたくさんあるので購入しました。

電気ケトルはミニマリストでも手放さずにずっと持っている人が多いくらい便利ですよね。偶然ですがブルーで色が揃ってるのもお気に入り(笑)

計量器は趣味のコーヒーできっちり計るために購入。普段の料理でもよく使います。計量はないがしろにしがちですけど、料理がうまくなりたいと思ったら本当に重要なことだと気が付かされました。

調理器具はほとんど収納にしまっておく

紹介してきた調理器具の収納や保管方法について書いていきます。

キッチンは生活感が出やすい場所なので、極力ものはしまうようにしています。

調味料や料理器具の収納場所

包丁はサイズが大きいので調味料などと一緒に棚の中に収納しています。

カッティングボードやバットは天板の下のスペースから取り出しやすいように収納。

引き出しは詰め込み過ぎないように茶こし、蒸し器、計量カップを収納。蒸し器ってかなりかさばりますよね…。

ナイフとI字型ピーラーはカトラリーと一緒に。

布巾も必要な数だけローテーションして使うようにしています。

ミニマリストの鍋やフライパン類を収納してる場所

鍋、フライパン、ボウル、まな板の大きいものはコンロ下の収納におさまっています。

どうしてもかさばるものなので多少取り出しにくさも感じますが、これくらいの密度ならさほどストレスなく出し入れ可能。

調味料の収納場所

頻繁に使う調味料はコンロの真上の吊戸棚にしまっています。

スカスカに見えるかもしれませんが、どうせ奥までは手が届きませんしこれくらいが出し入れしやすいんですよね。

キッチンの周りには何も出しておかない

ミニマリストのキッチン

僕が一番心掛けているのは、キッチンの周りにものを出さないこと。

水切りカゴを置いたり、コンロの周りに調味料を置いたり、壁に調理器具を吊るしたりしません。

調理器具には便利グッズもたくさんありますが、そういった用途の限られるものも基本的に使いません

何も置かれていないミニマリストのキッチン

何もない状態のほうが掃除がしやすく、これから料理する時もすぐに取り掛かれます

衛生的ですっきりとしており気持ちいいですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です