ライトな記事を更新中|暮らしポスト

【シン・ゴジラ】もしあなたの街にゴジラが出現したらどうるす?巨大生物災害に国家機能が立ち向かえるのか

シン・ゴジラ

この記事は映画好きの外部ライターに執筆していただきました。

前作の『ゴジラ FINAL WARS』から12年ぶりの新作ゴジラが誕生し大きな話題を呼びました。

この「シン・ゴジラ」は、これまでの怪獣映画と違い「怪獣が日本に現れた政府はどんな動きをするのか」「怪獣という巨大な災害に対してどのような対策が取られるべきか」といった、政治群像劇を色濃く押し出した作品となっております。

また、俳優陣も長谷川博己、竹野内豊、高橋一生など多くの演技派の方々が集まり、この作品の緊迫感を生み出しています。

従来の特撮とは異なるリアル政治ドラマ。斬新な切り口で非常に面白かったです。

あらすじ:ゴジラの出現に人間はどう対処していくのか

出典:映画.com
(C)2016 TOHO CO.,LTD.

東京湾羽田沖で大量の水蒸気が噴出、アクアラインでトンネル崩落事故が発生。

首相官邸では緊急会議が開かれ、政府は海底火山か熱水噴出孔の仕業であると判断。しかし副長官の矢口は、ネットの動画などにより巨大生物の仕業ではないかと提案するも政府高官たちは冷笑。

後にテレビがその巨大生物の尻尾部分を放映すると、その認識を改めることになる。慌てる政府関係者をよそに、専門家たちは「自重で潰れるため上陸は不可能」という見解を述べる。

だが謎の生物は多摩川河口から大田区内の呑川を逆進。ついには蒲田で上陸し、町を破壊し始める。政府は自衛隊を派遣し被害を食い止めようとするも、巨大生物は突如東京湾へと方向を転換しそのまま海へ消えて行った。

後日、再上陸の可能性を考えて政府は、矢口を事務局長とした「巨大不明生物特設災害対策本部」(巨災対)を設置。一方、アメリカから来たカヨコ特使はアメリカの研究により判明された謎の巨大生物の正体を特定。

それは長年にわたって不法投棄された大量の放射性廃棄物を取り込み適応進化した生物『ゴジラ(Godzilla)』であると。

ここに、人間VSゴジラの一大決戦の幕が開けようとしていた。

考察:従来のゴジラシリーズとは一線を画す見せ方が高評価

出典:映画.com
(C)2016 TOHO CO.,LTD.

この世界には「怪獣」という言葉がない世界のため、劇中では一切「怪獣」という言葉は登場しません。つまりは、「ウルトラマン」などのヒーロー番組が存在しない世界でもあるのかもしれません。

また大きな特徴として、これまでのゴジラ映画(特にVSシリーズなど)に少しだけ見受けられた、主人公の恋愛劇などといった要素も一切こちらの作品は含まれておりません。むしろ、家族構成なども不明な登場人物が多いです。

これは監督である庵野さんの一種のこだわりなのかもしれません。

作品の緊迫感を助長させる様子として、淡々と物語が進んでいくのも一つの特徴です。

「ゴジラが現れたからどこに市民を避難させるか。」
「ゴジラをどうやって撃退するか」

ここら辺のスピード感のある会話は、まさに実際の災害対応を見ているような気持になります

総評:怪獣がいるのにどこかリアリティな影を見せる災害映画

出典:映画.com
(C)2016 TOHO CO.,LTD.

ゴジラといえば怪獣同士が日本の名所を破壊し、「怪獣プロレス」と揶揄されたように、ゴジラが勝って終わるのがセオリーでした。

しかし、このシン・ゴジラは1954年に公開された「ゴジラ」と同様に、「人間VSゴジラ」の基本に立ち返ったものです。54年版では「オキシジェン・デストロイヤー」といった超兵器によりゴジラを討伐できるのですが、シンゴジラでは「無人在来線爆弾」などを投入し、丸の内ビル群でゴジラを潰すといったフィクション的なとどめを刺します。

しかし、そこに喜びの声はなく、ただ亡くなった人たちへの黙祷をささげる、というシーンが印象的でした。

なぜならゴジラは「自然災害」という位置づけであり、「戦争」ではありません

シン・ゴジラを自然災害の怖さと辛さのメタファーとして、改めて人々に訴えかけるような見せ方に作品としての質の高さを感じました。

https://hitomaga.design/wp-content/uploads/2020/02/yui-taniguchi-profile.jpg
谷口有威

ゴジラを比喩として、うまく自然災害をテーマにした表現になっているみたいですね。ゴジラシリーズを知らない人にこそ、これ1作で楽しめるぴったりの映画かもしれません。

キャスト陣も豪華で、300名を超える人の中に有名俳優がちょい役で出てたりと贅沢だ。

Amazon prime video対象映画

prime videoは初月無料で、1か月以内に解約しても大丈夫。見放題で視聴できる映画やアニメが豊富なので、なんだかんだ見たい作品がたくさん出てきます!

また、Amazonプライム会員は、プライム会員の特典の中にprime video見放題が含まれています。

リンクプライム会員の登録

リンク学生ならお得なPrime Student

※スマホは横スクロールできます。

タイトルシン・ゴジラ
公開年2016年
ジャンルSF
監督庵野英明
主演長谷川博己
竹野内豊
石原さとみ
受賞第40回日本アカデミー賞優秀作品賞、優秀監督賞、他3部門ノミネート

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です