【更新情報】ミニマリストの部屋紹介

【ナチュラルクリーニング】肌と環境に優しい自然素材だけで掃除をしよう

ナチュラルクリーニング用の自然素材

洗い物をすると手荒れがひどくなる人がいますよね。手荒れの原因は洗剤に含まれる界面活性剤によるものが多いです。

合成洗剤をやめて自然素材のナチュラルクリーニングに切り替えると、肌だけでなく環境にも優しい掃除ができます。

ナチュラルクリーニングの素材は限られてるので、あれこれと専用洗剤を揃える必要がなくコスパも良いです。

ナチュラルクリーニング必須の5つの素材

ナチュラルクリーニングとはざっくりいうと化学薬品などを含まない、環境や人体に優しい自然由来の素材を使った掃除です。

僕が自宅で使ってるのは下記5つの素材と、洗濯洗剤、キッチンハイターだけです。他に○○専用洗剤といった類のものは使っていません。

1.重曹(炭酸水素ナトリウム)

重曹

弱アルカリ性で簡単な汚れ掃除使えます。家中どこでも使えて最も汎用性の高い素材。

穏やかな研磨効果、吸湿による消臭効果なども重曹の特徴です。

敏感な人でなければ、手について荒れることはなくマルチに活躍します。

また、65度以上のお湯に溶かして使うと、アルカリ性の強くなった炭酸ソーダとしても使えるのがポイントです。汚れがひどい場所では、重曹をお湯に溶かして使いましょう。

リンク重曹の特徴と掃除での使い方

2.クエン酸

クエン酸

アルカリ性の汚れ落としや消臭活躍するクエン酸。

シンク、洗面所、トイレ、お風呂などの水回りの掃除には欠かせないアイテムです。製氷機や電気ポットなど、水の中のミネラル分が固化して汚れが蓄積する家電にも使えます。

抗菌作用もあるので、水回りの最後の拭き掃除にはクエン酸スプレーがおすすめ。

リンククエン酸の特徴と掃除での使い方

3.セスキ炭酸ソーダ

セスキ炭酸ソーダ

アルカリ性の物質で皮脂汚れなどに対して有効なため、住宅用マルチ素材として家中の掃除に活躍します。

重曹との違いは若干アルカリ度が高く、水に溶けやすい性質であることです。日常的な拭き掃除にはセスキ炭酸ソーダを水に溶かした「セスキ水」が圧倒的に使い勝手が良いです。

僕の場合、普段セスキの使用頻度が一番高いです。

リンクセスキ炭酸ソーダの特徴と掃除での使い方

4.酸素系漂白剤(過炭酸ナトリウム)

酸素系漂白剤

有機物に反応して発泡(酸素を放出)する働きがあります。

除菌・漂白・カビ落としの効果があり、洗濯に使うと衣類の汚れ落としや漂白だけでなく、洗濯槽を常に綺麗に保ってくれる優れもの。

また同じ漂白効果でも塩素系漂白剤より臭いがきつくなく、扱いやすいのが大きなメリットです。

リンク酸素系漂白剤の特徴と掃除での使い方

5.アルコール(エタノール)

アルコール

アルコールスプレーといえば一般的にエタノールのことを指しています。

除菌効果があり、手や身の周りの手で触れるものに安心して使えます。揮発性が高く、拭いた場所がすぐに乾いてくれるのが特徴。

簡単な拭き掃除であれば一番使いやすいですね。

リンクアルコールの特徴と掃除での使い方

掃除場所別:ナチュラルクリーニングのすすめ

ナチュラルクリーニングのための5つの素材があれば、だいたい家中どこでも掃除ができます。

○○専用洗剤といったものを多く揃えなくても、工夫して綺麗にできます。

油汚れの多いガスコンロ周り

ガスコンロ周りを重曹で掃除する

重曹 セスキ炭酸ソーダ

軽い油汚れなら重曹を振りかけて水拭きするだけ。ぎとぎとした頑固な油汚れならセスキ炭酸ソーダをスプレーします。

わざわざ使い分けるのも面倒なので、基本的に拭き掃除ではセスキ炭酸ソーダを使っています。

調理器具の焦げ付きは重曹の研磨効果で落とせます。お湯で重曹をペースト状にしてから、焦げてる部分に塗ってこすれば綺麗になりますよ。

シンク・洗面所・鏡の水垢汚れ

洗面所の鏡の掃除

クエン酸

水垢はすぐに拭けば簡単に取れますが、長い間放置して汚れが蓄積していくと簡単に落ちなくなります。

ミネラル分などを含んだアルカリ性の汚れなので、酸性のクエン酸が有効です。鏡もピカピカになりますよ。

リンク一人暮らし男子による洗面所の掃除の仕方

トイレの黄ばみ汚れなど

便器の中をクエン酸で掃除

クエン酸

トイレは水垢のほかに尿石が汚れとしてたまっていきます。クエン酸は尿石にも有効なので、汚れ落としや消臭目的でよく使われます。

クエン酸には抗菌作用もあるので、トイレ掃除に最適です。

リンク一人暮らし男子による日々のトイレ掃除の仕方

床掃除

セスキ炭酸ソーダで床掃除

重曹 セスキ炭酸ソーダ

人が歩くので当然皮脂汚れがつきますし、定期的な拭き掃除が必要。

重曹水かセスキ炭酸ソーダで軽く水拭きします。ただしアルカリ剤は天然木や一部のワックスなどに使えないので注意してください。

拭き掃除を始める前に一度目立たない場所でテストしてみてください。心配であれば普通に中性洗剤を薄めたもので拭き掃除すればOKです。

染み付き汚れ

酸素系漂白剤で布巾の染み抜き

酸素系漂白剤

色移り、食べこぼし、付着した血液などの染み付き汚れには酸素系漂白剤が有効。酸素系漂白剤を水に溶かしてしばらくつけておけば漂白できます。

普段は布巾の除菌・漂白、洗濯槽の掃除に使っています。

ちなみに、洗濯洗剤を使わずに酸素系漂白剤だけで洗濯をしても十分清潔になりますよ。

家中の簡単な拭き掃除や除菌に

アルコールでシンクを掃除

アルコール

食事前のテーブルや、さっと拭きたいときに一番使えるのがアルコール揮発性が高くすぐに乾いてくれるのも利点です。

キッチン家電などはアルコールを布にスプレーしてから拭きあげると、かなりすっきりします(家電に直接噴霧はしないほうがいい)

ナチュラルクリーニング素材の保管

ナチュラルクリーニング用品の保管

一般的な洗剤と異なり粉類が多いので、保管方法は工夫したほうが使い勝手がよくなります。

袋から直接出して使ってもいいのですが、毎回チャックを開けたり閉めたりするのも面倒なので、普段僕がやっている保管方法を紹介します。

洗面所掃除に使う重曹とクエン酸

使用頻度が高い重曹とクエン酸。

粉のまま振りかけて使うシーンが多いので、ソースボトルのような容器に詰め替えて使っています。

セスキ炭酸ソーダと酸素系漂白剤

セスキ炭酸ソーダと酸素系漂白剤はビンに詰め替えています。セスキは定期的にスプレーボトルに水と混ぜて、セスキ水を使っています。

容器はたしか100均ですべて揃えました。

そもそもなぜナチュラルクリーニングか

手を洗う

手荒れしやすいのは、乾燥や外部刺激から手を守るための皮膚表面が、界面活性剤によって変化させられるからです。

合成洗剤は薄めて使っても界面活性作用を失わず、肌に残りやすい成分です。

界面活性剤が含まれているかどうかは、製品の成分表示を見れば分かります。

界面活性剤

水と油を強く混ぜると「乳化」という白濁しながら混ざる現象が起きます(あくまでも一時的な混合ですぐに水と油に分離するので、厳密には乳化とは言えないが)

そもそも水と油が混ざらない理由は、境界面に強い表面張力が働いてるからです。水は水と、油は油とまとまろうとして、水と油の境界面は表面積が最も小さい球状で安定してるのです。界面張力とも呼びます。

この水と油の界面張力を弱めて、乳化効果を上げるのが界面活性剤です。

界面活性剤が皮脂汚れなどの汚れを落とすのに働きかけてくれるのですが、人によっては肌荒れを引き起こしたり、本来肌に必要な油分まで落とされてしまうわけです。

身近な界面活性剤

例えばペペロンチーノを作るときにゆで汁を加えることを「乳化」と呼んでるのを聞いたことありませんか。ニンニクの香りがついた油と、ゆで汁を混ぜてパスタに絡みやすいソースにします。この時ゆで汁を使う理由が、パスタの小麦粉がわずかに乳化を促進する効果があるからです。

また、マヨネーズはお酢と油と卵でできています。卵黄に含まれるレシチンが乳化剤(界面活性剤)として作用し、お酢と油もしっかり混ざった状態が保たれるのです。

相当な種類のある界面活性剤の中で、食品衛生法によって指定されたものが乳化剤と表示されます。化粧品や洗剤に対しては界面活性剤と表示されるので、ほとんど同義だと思っても大丈夫です。

まとめ

化学的な掃除のコツ

ナチュラルクリーニングは安全な素材であることはもちろん、実は手間がかからずとても簡単です。掃除用のグッズをあれこれと揃える必要もないので、結果的にコストがかかりません

しかし間違った掃除のやり方だと、簡単どころか余計な手間や時間がかかります。

僕自身も日々ナチュラルクリーニングを実践しながら、安全で環境に優しく、正しい情報を発信していきたいと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です