酸素系漂白剤の特徴と掃除での活用の仕方

酸素系漂白剤

キッチン周りの漂白剤といえば塩素系のハイターが代表的です。同じく洗濯で漂白目的に使われるのが酸素系のワイドハイターが定番。

塩素系はアルカリ度が高く漂白効果も非常に強力ですが、使える素材がかなり限られており取り扱いにも注意が必要です。

対して酸素系漂白剤は使い勝手がよく安全性が高いので、普段の掃除での活用の仕方などを紹介していきます。

酸素系漂白剤の特徴

酸素系漂白剤の特徴

酸素系漂白剤は正式に「過炭酸ナトリウム」と呼びます。

物質に酸素を結合させる酸化反応を利用して色素を除去する仕組みで、これは塩素系の漂白剤も同様です。

除菌・漂白・カビ落としが得意

除菌、漂白、カビ落とし

酸素系漂白剤は主に漂白、除菌、カビ落としに活用できます。

塩素系漂白剤よりは漂白効果が劣るものの、色柄ものの繊維にも使える利点があります。ただしウールや絹、ステンレス以外の金属など使えない素材もあります。

カビ落としの効果から洗濯槽の掃除や浴室にも使われます。根の深いカビには使えませんが、防カビ目的などで定期的に酸素系漂白剤を入れて洗濯するのは効果的です。

お湯に溶かすとアルカリ度がアップ

酸素系漂白剤のペーハー

もともと重曹やセスキ炭酸ソーダよりも高いアルカリ性ですが、日常の掃除に使うようなことはありません。

漂白効果で素材にしみこんでる汚れを落とすために使うのが一般的です。

酸素系漂白剤とお湯

40度程度のお湯を使うと酸素が効率よく放出され、安定した漂白効果がのぞめます。

布巾などつけおく際のポイントは、表面の汚れをなるべく落としてからつけこむこと。汚れが残ったままだと活性酸素の働きを汚れ除去に使われ、肝心の漂白効果が薄れてしまいます。

においは弱く、揮発性もない

酸素系漂白剤は塩素系に比べて臭いが弱いので、漂白した後のあの独特なにおいが残りません

アルカリ度が石鹸などよりも高く手荒れするので、手荒れする人は手袋を着用して作業したほうがいいでしょう。

酸素系漂白剤を掃除に活用する

粉末だと使うたびに中から取り出すのが面倒なので、ボトルやタンブラーなどに詰め替えると使用しやすいです。完全密閉の容器には入れないようにしてください。

先に酸素系漂白剤には粉末と液体の2つのタイプがあることを説明しておきます。

液体タイプと粉末タイプ

酸素系漂白剤の液体タイプと粉末タイプ

液体タイプはワイドハイターなどで有名な洗濯用の酸素系漂白剤です。洗濯用洗剤と一緒に使うことで、衣類や布巾の漂白除菌に使えます。色柄ものの素材にも使えるのが良いところですね。

粉末タイプは液体タイプよりも漂白力が強く、衣類のほか調理器具のつけおき洗いなどにも使われます。根が深くない黒カビや洗濯槽の掃除にも使われます。

粉末タイプのほうが汎用性が高いので、僕は粉末のみを使用しています。

洗濯ものや洗濯槽の掃除に

洗濯槽を酸素系漂白剤でカビ取り

液体タイプであれば、製品に従ってそのまま洗濯洗剤と一緒に使ってください。

粉末タイプは水30Lに対して大さじ1杯強(15g)程度を、水に溶かしてから洗濯洗剤と一緒に回します。水よりお湯を使ったほうが酸素の放出が活発で効果的です。

洗濯槽はどうしてもカビなどが残るので、定期的に洗浄するとよさそうです。

しみ抜きに

汚れた布巾を酸素系漂白剤で漂白
コンロ回りの油や焦げを掃除した布巾

布製品のしみやしつこい汚れを取るのに使えます。服に付着した飲み物、調味料、カレーうどんのしみなどに活用してください。

コンロ周りの油汚れを拭いて茶色いしみが付着した布巾も、一晩寝て起きたら真っ白になっていました。布巾の漂白は慣れてくれば汚れ具合から、お湯の温度とつけこみ時間をざっくりと調整できるようになります。

水2Lに対して大さじ1杯(10g)程度溶かして、15分~30分程度つけます。白物や部分的につけるなら、もうちょっと濃い濃度で調整してもいいかもしれません。

キッチン周りの除菌、漂白に

酸素系漂白剤でキッチン周りを漂白除菌

水2Lに対して大さじ1杯弱(8g)程度につけたりスプレーすることで、除菌や漂白効果を得られます。つけおくなら15分~30分程度で。

  • 布巾やおしぼりの除菌、漂白、消臭
  • まな板やザルなど食器、調理器具類
  • カップの茶渋、コーヒー渋の漂白
  • ステンレスのボトルやタンブラーの内部

換気扇など汚れが頑固なものはお湯に溶かした酸素系漂白剤でつけおきして、汚れが浮いてきてからこするとよく落ちます。

茶渋など積み重なった経年汚れは酸素系漂白剤では取り切れないことがあるので、そういった場合は塩素系の漂白剤を使いましょう。

排水口の除菌、消臭に

キッチン、洗面所、浴室の排水口に使えます。

100g程度の酸素系漂白剤を排水口に流して、コップ1~2杯分のお湯を注いでしばらく放置。成分が十分にパイプ内に行き渡ったら、多量の水で流して洗浄すれば完了です。

分量は排水口のサイズなどに応じて適宜調整してください。

塩素系漂白剤より使いやすいけど取り扱い注意

酸素系漂白剤を混ぜるの禁止

塩素系漂白剤は酸性のものと混ざると塩素ガスが発生して非常に危険です。漂白除菌が強力ですが使えるものも限りがあり、安全性と使い勝手に難ありという感じですね。

酸素系漂白剤は安全性の面では塩素系よりもリスクを抑えられます

しかしアルカリ性質による手荒れや誤飲も大変危険です。基本的に何かを混ぜて使うのもおすすめしません。

酸素系漂白剤は保管注意【密閉NG】

酸素系漂白剤は完全密閉容器に保管しない

酸素系漂白剤は水と反応して酸素を発生させます。完全密閉容器に保存すると、圧力が高まって爆発するので絶対にNGです。

水気を避けていても空気中の水分と反応して微量に酸素を放出し続けています。ゴムパッキンのついた保存瓶やペットボトルに入れておくのはやめましょう。

酸素系漂白剤のエアー抜き

パッケージにも「エアー抜き」と呼ばれる小さな穴が開いてるんですね。

保管方法には気をつけながら、洗濯や除菌漂白など家の掃除にぜひ活用してみてください。

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です