【更新情報】ミニマリストの部屋紹介

物を減らしていくコツと考え方、効率的にシンプルな暮らしにするには

ミニマリストの物を減らすコツ

物質的に満たされることが必ずしも生活そのものが満たされるとは限らないことに多くの人が気付き始めています。

雑多に物が増え続ければかえって余計なノイズとなり思考や判断を鈍らせてしまい、本当に集中したいことややるべきことが見えなくなってしまいます。

そんな状況を打破して精神性の高みや方向性を見出そうとする一つの糸口がミニマリズムです。

ミニマリストとしてシンプルな暮らしを実現できるよう、物を減らしていくコツや考え方についてまとめました。

物を減らすコツ

物を減らそうと思い立ったら、まずすぐにでも捨てられる物や手放せる物から着手していきます。明らかなゴミ、維持管理に気を使うけどあまり使ってないブランド物、必要以上にストックされている消耗品など。

思い立ったらすぐ行動して勢いをつけるのが大事で、後回しにすると結局ずるずると現状維持になってしまいます。

特に大切な3つの考え方を掘り下げていきます。

  1. 何を減らしていくべきか
  2. 何を残していくべきか
  3. 物を減らすメリットとは

頭の中に基準が敷かれているとスムーズに物を減らしていけます。

何を減らしていくべきか

明らかなゴミなどはわかりやすいと思いますが、次に捨てるべきものは「たまにしか使わない物」です。

あまり使っていないのにいつまでもとっておいてる心理は例えば…

  • いつか使うかもしれない
  • 昔は気に入っていた
  • まだ使えるから捨てるのはもったいない

使わないものでも大切にする気持ちは大事ですが、使わずに埃を積もらせていつまでも残しておくのも果たして物を大切にしているといえるのか

「いつか」がくる保証はないし、昔は気に入ってても人の好みや考えは変わるもの。まだ使えるなら売るか誰かに譲ればいいと思います。

長らく使わずに愛着のなくなったものは捨ててもなんら問題がないものです。

何を残していくべきか

減らすものよりも大事な考え方が残すものを決めること。

自分の手元に残しておきたいものの基準さえ定まっていれば、それ以外のものは全て手放してもよくなるからです。

  1. 実用性があり生活に必要なもの
  2. お気に入りのもの

まず1つ目の実用性は判断が簡単で、それがなくなるとまず普通の生活ができなくなるような物です。

一般的には洗濯機・冷蔵庫・布団・携帯など生活必需品です。ここは考え方として難しくありません。

問題は2つ目のお気に入りのもので、判断基準が非常に曖昧です。よく言われる表現としては「ときめく物」を選ぶこと。

例えばクローゼットの中の洋服を見回すと、恋人とのデートにも着ていけるような気持の上がる勝負服と、良くも悪くもないけど着れる服があります。曖昧な形容表現の「ときめく」の正体が、少しは自分の中で分かりやすく輪郭が形成されるはずです。

物を減らしていくメリット

減らすべき物と残すべき物を考えるのは、実際に物を減らすための行動を促す判断材料でした。

最後の物を減らすメリットを考えることは、物を減らしてシンプルな生活に到達した先の豊かさをイメージさせる材料になってくれます。

物理的なメリット
  • 日々の掃除が楽になる
  • 衝動買いなどのお金の使い方を見直せる
  • 限られた物を日々大事に使えるようになる
  • 物事の取捨選択や判断力が上がる

わかりやすいメリットですが、もっと意義のあるメリットがシンプルな暮らしが与える精神的な影響です。

精神的なメリット
  • 物から受けるノイズがなくなる
  • お気に入りの物だけを残してるので気分が良くなる

物のノイズというとわかりにくいかもしれませんが、言い換えると物を通じて自分自身が脳内に無意識的に受け取るメッセージです。

物のノイズ

使おうと思ってるけど余裕がなく埃がつもってる物は「いつ使おうか」と考えてしまう。机の上がごちゃごちゃしていて見るたびに「いつか整理しよう」とその場を見て見ぬふり。

こうした物のノイズは、実際に聞こえてるわけでも想像しているわけでもありませんが、無意識なストレスとして日々積み重なっています。

こうして物を減らした先のメリットを享受して、総合的に生活や時間に余裕が生まれるようになります。

余裕が生まれると、本当に自分のやりたかったことや熱量のあるものに目を向けることができるようになります。

具体的に何を減らしていくのが効果的か

物を減らすコツや考え方で大枠を捉えてもらったところで、もっと具体的な行動レベルの話もしておきます。

分かりやすく生活をガラリと変えたい人の参考になると思います。

家具家電といった大きなもの

家具家電の見直しは物が大きいだけにとても効果的です。

例えばキッチン家電には用途が限られたあまり使わない製品が世の中に多くあります。「○○メーカー」なんて製品などが代表的ですね。

家具類はレイアウトの変更などをしてみるのもおすすめ。長い間生活してるうちに必要な家具類も変わってくるはずなので、見直せるところは思い切って整理していきます。

使用頻度が低いのにスペースだけはしっかりと占有するものは、優先的に減らしていきましょう。

収納などの衣類

衣類の量で悩んでいる人はかなり多い印象です。どうしても季節ものや流行で増えてしまうからですね。

タンスの肥やしにするくらいなら、あらかじめ収納の量を決めてしまったほうがいいです。そして収納以上の服は持たないこと。

まだ着られる、体系が合わなくなった、貰いものといった理由は考えずに「今すぐその服を着られるか」を基準に厳選しましょう。

本・CD・雑誌類

本やCDといった収集性の高いものは無尽蔵に増えてしまいます。僕も昔は漫画を数百冊持っていて、本棚に並んでいるだけで満足するような気持でした。

あえて趣味として残したいなら別ですが、そうでなければばっさり切り捨てても大丈夫です。

現代は読書も音楽も映画もスマホで済ませられます。

物として残すことに強いこだわりがないのであれば、収集性のあるようなものはデジタル化したほうが楽だと思います。

最終的には捨てる覚悟があるかどうか

物を減らすと言うのは簡単ですが、実際に取り掛かってみると難しいかもしれません。

物を捨てる際には買った時のお金、貰った時の気持ち、過去に使ってきた愛着など、どうしても損得勘定が働いてしまいます。さらに掃除による体の疲れ、行政によってはゴミの分別が面倒だったり。

物を捨てるのは意外とエネルギーが必要なのです。

捨てにくい思い出の品はどうする?

物を減らしていく断捨離の中でも特に悩むのが思い出の品です。写真、手紙、アルバム、日記、年賀状など。年をとればとるほど増えていきます。

できることは写真を撮ったり、プリンターでスキャンしてデータを残すことくらい。

非情だと非難する人もいますが、自分が手紙を送る立場になったときに相手にそれを一生大事に持っていてほしいとは思わないですよね。

そうやってうまく折り合いをつけながら、不要だと思ったものは処分するようにしています。

物を捨てる気持ちの負担を軽くする

子供のころの教育や価値観もあってか、捨てる行為に強い抵抗感を抱く人もいます。

捨てる以外の選択肢もたくさんあって、人に譲ったり売ったりすれば気持ちの負担が軽くなるはずです。

リサイクルショップやアプリで売る

不要な物をなくしてお金を得られるので一石二鳥。

実店舗をかまえるリサイクルショップ等は即金性があり、高価なブランド品や貴金属などはプロにお任せしたほうが確実です。

日用品や電化製品など身近な物はフリマアプリを活用したほうが売却額が高いです。しかし出品や発送作業の手間がかかります。

メルカリ(メルペイ)-フリマアプリ&スマホ決済
メルカリ(メルペイ)-フリマアプリ&スマホ決済

譲渡・寄付する

家具家電類は有名なデザインやブランド等でない限り、なかなか売値がつきませんし、仮に売れても配送料や手数料のほうが高くつくことがあります。

そういった場合はただでも引き取ってくれる人を探したり、知人に譲ってあげるのも一つの手段です。ジモティーといった地域交流サイトやSNSを活用して探してもいいかもしれません。

もちろん押し付けはだめですが、引越しで新生活を始める人などにはかなり喜ばれます。

物を減らしてミニマリストになって生活が変わった

僕は物を減らしてシンプルな生活になったことで、日々の掃除は楽だし、物の収納管理に気を煩わされることがありません。生活にもある程度ゆとりができて、少し生きやすくなりました

物を減らすコツについてまとめましたが、衝動的に一気に断捨離してリバウンドするのだけは気をつけてください。捨てることが目的ではなく、今の生活を見直して快適な暮らしを目指すのが目的です。

物を減らすのはあくまで手段にすぎず、これが目的になってしまうと本末転倒です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です