ライトな記事を更新中|暮らしポスト

セスキ炭酸ソーダの特徴と掃除での活用の仕方

セスキ炭酸ソーダ

重曹と同様にアルカリ性のセスキ炭酸ソーダ(以下文中セスキ)は家の掃除に広く使われます。

重曹よりもアルカリ度が高く水に溶けやすい性質で、研磨効果はありません。使い分けるとしたら重曹はこすり洗いに、セスキは拭き掃除が最適でしょう。

重曹と適切に使い分けることで、家の掃除もより効率的に綺麗にしていくことができますよ。

セスキ炭酸ソーダの3つの特徴

セスキ炭酸ソーダの特徴

重曹と役割が似ているセスキですが、正式には「セスキ炭酸ナトリウム」と呼びます。重曹は炭酸水素ナトリウム、本当によく似てて紛らわしい。

また、重曹もセスキも加熱するとどちらも炭酸ナトリウムになります。一般的に使えるアルカリ剤の中では強力です。

では実際にセスキの特徴を見ていきながら、重曹との使い分けを考えていきましょう。

リンク重曹の特徴と掃除での使い方

水に溶けやすい弱アルカリ性

セスキ炭酸ソーダのペーハー

重曹よりもアルカリ度が高く、水に溶けやすいのが大きな特徴です。

一方で重曹のような研磨効果や発泡作用はありません

つまり重曹よりも油汚れなどをよく落とすし、水に溶けやすいのでスプレーしやすいのです。キッチンなどの拭き掃除にはセスキを使うのがベターですね。

セスキ水も加熱したりお湯で溶かすことでアルカリ度が上がるので、取り扱いには注意しながら必要に応じて試してみてください。

油や皮脂汚れを落とすのに向く

セスキでドアノブを拭き掃除
ドアノブの拭き掃除

重曹でも油や皮脂汚れといった酸性の汚れを中和するのに適してるのですが、基本的には断然セスキをおすすめします。

重曹は弱いアルカリ度なので、拭き掃除が目的ならセスキを使ったほうが効率がいいです。体感的にもセスキを使ったほうが明らかに綺麗になります。

注意

重曹同様にアルミ、天然木、畳など素材によって使えないものがあるので注意してください。

揮発性がなく無臭

セスキ炭酸ソーダのにおい

基本的に粉末は無臭。

ちなみにセスキにも消臭効果があります。油脂などの酸性由来の汚れから発せられる悪臭のもとを中和するので、セスキ水をスプレーをするだけで効果を実感できます。

臭いの元から断絶できるので、市販の消臭剤を振りまくよりも効果的なことが多いです。

セスキ炭酸ソーダを掃除に活用する

セスキ炭酸ソーダで五徳を洗浄
五徳の頑固な油汚れも落とせる

セスキは家庭内のナチュラルクリーニングとして注目されるようになった素材です。コンロ回りの油汚れ、ガラス、テーブルなど広く使えます。

産業的にも羊毛、木綿、絹などの脂肪や不純物を取り除くために使われているみたいです。

最近はセスキ水やセスキシートといった製品もよく見かけますが、絶対にセスキ炭酸ソーダを粉のまま購入して自分でセスキ水を作ったほうが経済的ですよ。

水に溶かしてスプレーするのがおすすめ

セスキ炭酸ソーダで床掃除

1%程度の濃度でセスキ水を作って、スプレーボトルなどに詰め替えてから使用するのがおすすめ。水が100mlに対して1g程度のセスキですね。

写真のようにフローリングの拭き掃除に使うときは、必ずテストしてから行うことをすすめます。床材やワックスによっては変色変質の要因になります。

キッチンやテーブルなど人がよく触る場所には手アカも多くつくので、セスキで拭くと綺麗になります。

セスキ炭酸ソーダの保存方法

セスキ炭酸ソーダを保存している瓶

密閉容器に入れて常温で長期保存が可能です。

セスキ水にした場合は1か月くらいで使い切るのがいいのではないでしょうか。

セスキの商品パッケージには1週間程度が目安にされていますがあまり現実的ではないですし、何か月も保存するには不安ですからね。

身の回りの掃除に関しては実は重曹よりも使い勝手がよく優秀なセスキ。セスキ水にしてスプレーボトルに入れておけば、重曹やクエン酸と違ってすぐに掃除に取り掛かれるのも便利です。

3 COMMENTS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です