【スタンド・バイ・ミー】大人になって見返すから響く、少年時代の貴重な思い出と友情

スタンド・バイ・ミー

https://hitomaga.design/wp-content/uploads/2020/01/alpca-shadow.png
DJ・Alpaca

この記事は映画好きライター【DJ・Alpaca】がお送りします。

スティーブン・キング原作の短編小説「死体」を映画化した、不朽の名作

元々私が小学生の頃にテレビで放送されている時に見たのですが、その当時が主人公達と同じぐらいの年だったためとても刺激的でした。

久しぶりに見返したところ、子供の頃に見たものと大人になって見るのでは感覚が違い、大人になって見て更に良い内容だと思えました

古い映画ではありますが、男同志の友情、冒険を見るのが好きな人におすすめしたいです。鑑賞後に数十年経っても何故語り継がれていて、とても有名な作品なのか納得します。

口コミを見ると多くの人が「見てよかった」と、世間的にも評価の高い映画です。

あらすじ:行方不明の死体を見つけて、一躍ヒーローを目指す青春ドラマ

出典:ciatr[シアター]
© Columbia Pictures
  • ウィル・ウィーストン演じる真面目な文学少年ゴーディ
  • リヴァー・フェニックス演じるやんちゃでリーダー的存在クリス
  • コリー・フェルドマン演じるテディ・デュチャンプ
  • ジェリー・オコンネル演じるヴァーン・テシオ

普段から共に過ごしている少年達4人グループが、ある日死体を探しに冒険へ繰り出すというストーリー。

4人の各々の性格や感性が違う中で死体を見つけ出すまでの間に出来る友情、トラブルをみんなで乗り越える姿が見どころ。

12歳と幼いながらも、ゴーディに対してのクリスの思いが見どころとなっており、クリスとゴーディのような友情がとても羨ましくなる。

たった数日の出来事ではあるが、元々ある友情が更に強くなっていく姿は必見。

考察:純粋かつ真の価値ある友を考えさせられる

出典:ciatr[シアター]
© Columbia Pictures

作中で特に印象的だったのは、クリスがゴーディを励ますシーン。クリスの放つ言葉には12歳とは思えない力強さがあり、そのセリフを聞いた後は自分の中にストンと入ってくる感覚になりました。

そのセリフは今でも私の心に残っており、私もいつか人を励ませられる言葉を伝えられるといいなと思わせられるほど印象的です。

また、クリスの普段のやんちゃぶりからは想像を超えるような考えを持っているのを見ると、実はしっかり将来のことを考えていて、自分がどういった環境下にいるのかを理解してるのでしょう。

物語を引き立てるナレーション

出典:ciatr[シアター]
©Dennis Van Tine/Future Image/WENN.com

この物語はゴーディが大人になって、クリスの訃報を新聞記事で知ったことにより、当時を思い出しながらナレーションで開始します。

大人のゴーディのナレーションが、大人になってからの幼少時代に思っていたことを交えているので、12歳ってそういう世界だよなとしみじみ実感させられます。

ナレーションの投影が、より童心を納得できる形で表現してくれます。

主人公ゴーディのモデルは、原作スティーブン・キング自身である。作品そのものも、キングの幼少時代の実体験がベースにある。

作品に寄り添う音楽

映画の主題歌はBen E KingのStand by Meです。この曲の流れるタイミングが風情的にとてもよくマッチしています。

結末としては少し悲しい部分もありますが、この曲が流れていることでなんだか前向きな気持ちへとなれます。

総評:もう昔の思いは取り返せないノスタルジックな青春ストーリー

幼少時代とは戻ってやり直すことは二度とできませんし、その時に楽しかった思い出や印象に残っている出来事は大人になっても忘れません

その時はそれが全てだと思っていたことも、大人になるとそうでもなくなったりします。

スタンド・バイ・ミーを見たことによって「今を大切に生きることが大事であり、岐路に立った時には自分が後悔しないような道を選択していきたい」と思えるようになりました。

道に迷っている人がいればその人の背中をそっと押してあげ、その人が前へ向かって進める手助けをしてあげられるようになりたいと感じました。

https://hitomaga.design/wp-content/uploads/2020/02/yui-taniguchi-profile.jpg
谷口有威

スタンド・バイ・ミーは僕が中学生のころに英語の特別授業で、教室で視聴していました。が、僕は半分寝ていたので内容をほぼ覚えてません。今度見返してみようかな。

https://hitomaga.design/wp-content/uploads/2020/01/alpca-shadow.png
DJ・Alpaca

少年時代と大人になったときの感性は変わってしまいますが、ずっと大切にしていきたいものは変わらないのだと思います。

Amazon prime video対象映画

prime videoは初月無料で、1か月以内に解約しても大丈夫。見放題で視聴できる映画やアニメが豊富なので、なんだかんだ見たい作品がたくさん出てきます!

また、Amazonプライム会員は、プライム会員の特典の中にprime video見放題が含まれています。

リンクプライム会員の登録

リンク学生ならお得なPrime Student

※スマホは横スクロールできます。

タイトルスタンド・バイ・ミー
公開年1986年
ジャンル青春
監督ロブ・ライナー
主演ウィル・ウィーストン
リヴァー・フェニックス
コリー・フェルドマン
ジェリー・オコンネル
受賞第59回アカデミー賞脚色賞ノミネート
第44回ゴールデングローブ賞2部門ノミネート
第11回日本アカデミー賞外国作品賞ノミネート

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です