【更新情報】ミニマリストの部屋紹介

【断捨離のコツ】物への執着を捨てて、暮らしを整えるミニマリスト流の方法

断捨離の極意

断捨離を実践しようにもどこから手をつけたらいいのかわからなかったり、手放す決心がつかずに踏みとどまってしまう人もいるでしょう。

断捨離はもともとヨガの「断行」「捨行」「離行」という教えからきており、心の執着を手放す意味をもってます。

捨てることだけに注目せず、今自分にとって必要な物を残して生活を整えていくことに焦点をあてていきましょう。

生活の型にはまらず、断捨離の考え方を取り込む

断捨離生活

ただ何も考えずに「物を減らせばいいんでしょ」と言って断捨離をするだけでは、一時的に物は減るもののまた同じことを繰り返しやすいです。

物が増えるリバウンドをしないためには、断捨離の本質を捉えて物を手放していく必要があります。

断捨離の考え方についていくつかまとめました。

断捨離は捨てるだけじゃない

断捨離はただ物をどんどん捨てていく行為だけにスポットがあたりますが、本質は物への執着から離れることです。

整理収納のコツでもなければ、極限まで物を減らす捨てレースでもありません。綺麗に物をしまってもそれはただ物が移動しただけであって、本質とは異なります。

自分にとって必要な物を具体的に絞り込み、それ以外の物を手放して生活にゆとりをもたせましょう。自分にとって必要な物が明確にわかって初めて、物への執着から離れて断捨離ができたと言えます。

捨てるのはあくまでも断捨離の1歩目です。

収納の有効活用も大事ですが、物を見ないといけません。収納はただ物を隠しているだけだと認識しています。

パーキンソンの法則

「仕事の量は、完成のために与えられた時間の量まで膨張する」という法則があります。これを生活の物量に置き換えるとの量は収納を満たす量にまで膨張する」てことになります。

意識的に物を管理しないと、この法則のように物が増え続けることになるでしょう。

生活の型にはまらない

例えばこれから一人暮らしを始めると思ったとき、新居で必要な物に何を想像しますか。

https://hitomaga.design/wp-content/uploads/2019/08/alpaca1.png

自炊するから○○が必要!!

https://hitomaga.design/wp-content/uploads/2019/08/alpaca3.png

お風呂やトイレのために○○が必要!!

大型の家具家電から、細々としたものまでいろいろ想定できますが、実際に新しい家で生活し始めないとわからない部分が多くあります。

例1. 洗濯には洗濯機と、ハンガーと、物干しざお、柔軟剤、洗濯ばさみ、かごが必要…と考えてしまいますが、もしも家の目の前にコインランドリーがあったらそれらは全部必要ありません。


例2. お風呂上がりはいつもバスタオルを使用していたけど、髪の毛が短いしフェイスタオルでも十分代用できるかも。実際に使ってみたら大丈夫で、バスタオルよりもかさばらないから便利と思うかもしれません。

極端な例ですが、生活や行為に決まりきった必要な物はありません。その人や状況によって必要な物が変わることを知っておくといいですよ。

長年の習慣を変えるのは難しいかもしれませんが、断捨離をして生活を変えていきたいと思っているならできることだと思います。

家の主役は物ではなくヒト

ミニマリスト的な考え方でよく主張される話をします。

6畳の部屋に住んでいた場合に、物が床面積を3畳分占有していたら家賃の半分を物のために支払っていることになります。

家は家賃というお金を対価に、ヒトとモノを収納する容器になってくれているのです。

物が占有する面積が大きくなるほど、掃除や片付けをしないといけない意識が植え付けられ、家の主役がヒトから物にすり替わっていきます。家の大切な空間は物に譲って、自分はわずかなスペースに追いやられている気がしませんか。

物を断捨離することで自分自身が家の主役になれます。

断捨離で生活がどう変わるのか

断捨離を始めて部屋がすっきりとしていくと、現実も心理的にも変化を感じるようになってきます。

これは別に断捨離そのものが生活に変化を与えているのではなく、断捨離をして空間や精神的に余裕が生まれてくると自分自身の行動も変わってくるからです。

断捨離の小さな変化
  • 探し物の時間が減った
  • 着ていく服や、持ち物に迷わなくなった
  • いつでも家に人を呼べるようになった
  • 勉強や美容などほかのことに費やせる時間が増えた

こういった小さな変化や、それが積み重なって生活が大きく変わることもあります。

個人的に一番大きな変化を実感できたのは、精神的な余裕が生まれてくることだと思います。「掃除しなければ、部屋を片付けなければ、なんか集中できない」こういった意識の深層にあったストレスが一切なくなります。

気持ちに余裕が生まれてくると自然と行動も変わってくるものですよ。

断捨離による生活の好転を意識していると、手が止まることなく部屋を綺麗にしようと思えるはずです。

断捨離を進めていくコツ

断捨離のコツ

断捨離で忘れてはいけないことが、何を捨てるかではなく何を残すのか

また断捨離する目的をきちんと意識しておくことも重要です。断捨離してどんな生活を手に入れたいのか、どんな部屋になってほしいのかをイメージしておきます。

断捨離のゴールを設定しておけば、物が手放しきれずになかなか作業が進まなかったり、捨ててしまって後悔するリスクを減らせます。

不要な物からすぐに手をつける

片付けたり、掃除したり、収納したりとやることがたくさんあって、手の付けどころがわからないかもしれません。

まずは部屋を綺麗にしようと意気込むのではなく、明らかに不要なものを捨てていくことから始めるといいですよ。

最初の動きだしが一番大変なので、ここで勢いをつけていくと断捨離の気も乗ってきます

「いつか使う」はいつまでも使わない

  • ホテルから持ってきたアメニティ
  • 試供品や、余ってるストック品
  • ほとんど着たことがない服

こういった「いつか使う」と思ってる物たちは、どれだけ昔から「いつか使う」と思い続けてきたでしょうか。

ミニマリストは今必要な物を取捨選択します。

未来軸ではなく、今を生きるようにすればそれが不要だとわかるはずです。

また「使えるモノ」と「自分が使うモノ」も違います。

使える物は捨てる時にもったいないと思うかもしれませんが、それは自分自身が使う機会が訪れない限りガラクタと同じです。

管理できる量まで総量規制を設ける

どうしても部屋が片付かないのは、自分が管理できるキャパ以上の物を所有しているからです。

総量規制とはその場所に置くの上限を決めることです。

デスク上はファイルボックス3つまで、クローゼットの洋服は収納の7割までと自分で制限を設けます。上限よりも物が増える場合は捨てるなり、物を入れ替えるなりして、必要以上に物が増えないようにしましょう。

必然的に管理できるモノの量をコントロールできるようになりますよ。

本当に必要な物の見極め方

断捨離は捨てるよりも、残す物を選ぶのが大事だと書きました。

自分にとって本当に必要な残すべき物を見極められるようになりましょう。

「今」「自分にとって」必要な物だけを残す。

この2つのキーワードが必要な物を迷いなく見極めるポイントです。

過去の栄光や思い出でもなく、未来もしかしたら必要かもといった物も基本的にいりません。誰かのためにとっておく、誰かに自分をよく見てもらいたいといった物も必要ありません。

「今」を軸に「自分にとって」大切なだけを残すようにしてください。

1部屋ずつ断捨離する

「クローゼットの中だけ」「キッチン周りだけ」などその日に断捨離する範囲を決めていくと進めやすいです。

いっぺんに家全体をできる人はそれでもいいと思います。

毎日ちょこちょこ断捨離を進めるのは、個人的におすすめしません。断捨離できなかった日にモチベーションが下がりますし、なによりテンポが悪すぎて部屋がすっきりしていくメリットを感じにくいです。

たとえ「お風呂場だけ」など1区画でも一気にすっきりすると、その場所を使用するときに気持ちよく使えるようになります。するとまた別の部屋も一気に終わらせようと、気持ちにブーストがかかります

身の丈に合わない物や見栄を捨てる

  • ブランド物だから
  • 流行しているから
  • インスタ映えするから
  • みんな持っているから

こんな理由で購入したものの、あまり使っていない物ありませんか(よく使う物なら何も問題ありません)

自分の身の丈に合ってなくて「使うのがもったいない」と言いながらしまい込んでいるブランド品や、誰かによく見てもらいたいがための物は無駄なものです。

は使われてこそ意味があります。

どうしても捨てられない物への対処法

捨てられないものへの対処

中にはどうしても断捨離の手が止まってしまう物もありますよね。僕自身も悩みに悩んで、結局捨ててしまったことを後悔したことあります。

断捨離の判断を急ぎすぎて後悔しないように対処するのも大切です。

もしかしたら使うかもと悩んでる物

意外と使うか使わないか微妙なラインの物もあるんですよね。

例えばうちではドライバーの処分に迷いました。滅多に使わないけど、たまに必要になるときがある。

書類でも多いですよね。すぐには処分できないけど、今は必要ないような物。

対処法として僕は保留ボックスのようなものを作って、それを収納にしまっています。迷った物は保留ボックスに入れて、数か月実際に1度も使用しなければそれは必要なかったのだと見切りをつけます。

処分に迷う物はなくても生活に困らないか一定期間実験してみるといいですよ。

思い出の品が手放せない

写真やアルバム、プレゼント、手紙を捨てるには忍びないと思うかもしれません。

僕はこういったものはあくまでも気持ちを伝えるものであって、物に執着する必要はないと思ってます。

具体的に手放すときは、

  • 写真を撮ってから処分する
  • 誰か別の人に譲る
  • リサイクルや売却する

これで少しは気持ちの負担も減るでしょう。

一番大切なのは「今この瞬間の生活」なので、過去の思いにとらわれる必要はありません。

断捨離して綺麗になった部屋を維持する

断捨離した部屋を維持する

一度断捨離したものの、また自然と部屋に物が増えていっては意味がありません。

僕はまた断捨離する必要がないように、いくつか気を付けていることがあります。

  • 収納家具は持たない
  • 床の見える面積が広くなるようにしておく
  • テーブルなど平面上に物を放置しない
  • 物の定位置を決めておく

床の面積が広く見えるようにしておくと、空間が広くゆとりあるように感じます。

物にはそれぞれ定位置を決めておいて、出した物はすぐに定位置に戻す癖がつくと部屋が散らかりません。断捨離して物が少なくなれば、すべての物に定位置を決められるようになります。

ミニマリストは色々と購入してみたり、手放してみたり。そうやって試行錯誤を繰り返して本当に必要なあれこれが厳選されていくものだと思っています。

断捨離後も物が増えないように、買い物を一切しないのはただの倹約家です。暮らしが豊かになるよう、自分に必要な物を見極められるようになるのがミニマリストらしい断捨離でしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です