【更新情報】ミニマリストの部屋紹介

5000円の格安ワイヤレスイヤホンを買ったので1万円のものと比較してみた

Touch Two C5S

ショップサイトなどで「ワイヤレスイヤホン」と検索すると、めちゃくちゃ製品がたくさんヒットしますよね。しかもどれもパッと見ただけでは違いが全然分からない。

有名な音響メーカーならいいのですが、無名の中国メーカーで3000円~5000円くらいのイヤホンが多いんですよね。

友人が3000円くらいのワイヤレスイヤホンを使っていたものの、数か月でペアリングができなくなって、使い物にならなくなった話を聞いたことがありました。

実際のところそのあたりどうなの、ということで普段オーディオメーカー(AVIOT)のイヤホンを使用している自分が、比較を交えながら検証してみたいと思います。

普段愛用しているイヤホンは下の記事でレビューしています。

AVIOT TE-D01g 【AVIOT TE-D01gレビュー】1万円以下のワイヤレスイヤホン最優秀コスパ

ワイヤレスイヤホンTouch Two C5S

5000円以下の格安ワイヤレスイヤホン

WUHUHAIのTouch Two C5Sで、先に結論を言っておくと決して悪いイヤホンではありませんでした

正直音質も使い勝手も全く期待していなかったので、逆に期待を裏切られた感じです。

たぶん耳の良い人でなければさほど気にならなそうです。

付属品

付属品はイヤーピース、充電ケーブル、ストラップでした。

音質は若干こもる低音

5000円以下の格安ワイヤレスイヤホンの音質
ドライバーユニットが2㎜

音質は一番気になるところですし、不安も抱いてました。

ドライバーユニットとは音を鳴らす振動板の部分で、ざっくり言ってしまうとドライバー口径が大きいほど高音質になります。

このイヤホンは2㎜とめちゃくちゃ小さく、この時点できっと音質も酷いのだと思ってましたが、意外にも悪くはなかったのです。

ちなみに一般的なワイヤレスイヤホンでは6㎜~10㎜程度が多いです。

AVIOT TE-D01g【AVIOT TE-D01gレビュー】1万円以下のワイヤレスイヤホン最優秀コスパ

こちらのイヤホンは6㎜です。交互に聞き比べてみたりもしましたが大きな差がありませんでした。

しかし安いほうのイヤホンは若干低音を補強しようとしているのか、こもった音のような印象があります。

それから商品ページにノイズリダクションもあると書かれていたのですが、それは全くありませんでした。本当にノイズカットが優れているAppleのAirPods Proなどは、めちゃくちゃ環境音をカットしてくれます。

Bluetooth接続の安定性

スマホとペアリングして音楽を聴いていましたが、普通に使う分には目立つ音切れや音飛びはありません

Bluetoothのバージョンが最新のver5.0なので、比較的安定しているようです。

ケースから取り出すと自動的にスマホとペアリングされるので、普通に便利です。

あとは長期間使い続けて、急に使えなくなったりしないかどうかなどが心配ですが、少なくとも使い始めは不具合もありませんでした。

補足ですが接続したときに日本語音声が流れます。「接続しました」みたいな。この音声が生身の声を録音したかのような雰囲気で、ちょっと気持ち悪いです(笑)

充電・バッテリー性能

5000円未満の格安ワイヤレスイヤホンの充電性能

ケースはマイクロUSBで充電するタイプで、常に残量が%表示されているのでわかりやすいです。

最近はUSB-Cタイプのケーブルが増えているし、そちらのほうが便利で効率も良いので、マイクロUSBなのは安さゆえの仕方ない部分ではありそう。

イヤホン単体で4~5時間音楽再生が可能ですが、体感的には4時間もてばいいほうでした。

AVIOT TE-D01g【AVIOT TE-D01gレビュー】1万円以下のワイヤレスイヤホン最優秀コスパ

AVIOTのイヤホンではTWS+と呼ばれるバッテリー効率をよくする技術が搭載されており、イヤホン単体で10時間程度持続します。

ワイヤレスイヤホンとしての基本性能が備わっていても、やはり細かい技術仕様の面で差が出やすい印象を受けました。

イヤホンのバッテリー持続時間は頼りないけど、充電ケースがわりと優秀で、ケース込みでの持続時間でいうと約120時間だそう。対してAVIOTのほうはケース込みで50時間程度。

ワイヤレスイヤホンとしての日常の使い勝手を考えると、イヤホン単体でバッテリーもちが良いほうが便利です。

しかしこの充電ケースにはUSB-Aの出力ポートが備わっています。

ワイヤレスイヤホンの充電ケースでスマホを充電する
充電ケースでスマホを充電

つまりイヤホンの充電ケースでありながら、スマホのモバイルバッテリー代わりにもなります

容量は3500mAhなので、いざというときに役立つ機会があるかもしれないです。

どうりで充電ケースがごつくて重たいと思っていましたが、こんな特殊な使い方もできるのはあまり聞いたことありませんでした。

https://hitomaga.design/wp-content/uploads/2019/08/alpaca3.png

中国製の似たような同様イヤホンでは、この大容量充電ケースを推している製品が多かったよ。

中には5000mAhを超えるものもあり、普通にモバイルバッテリー兼イヤホンとして使えそう。

デザイン・使い勝手

ストラップ装着(ちょとダサい)

デザインははっきり言って全体的にダサいです(笑)

やはりオーディオメーカーは各社、品質の追及はもちろんのこと、デザイン面でもこだわりを持っている気がします。

イヤホンは実際のところ聞いてみないと分からない部分が多いので、デザインで差をつけると消費者にもうけやすいのですかね。

その点これはちょっと厚みがありすぎ、充電ケース裏面の印字が大きい、イヤホンの緑色のランプ表示がぎらつきすぎです。

中国製格安ワイヤレスイヤホンのイヤーピース
イヤーピース

ドライバー口径が小さいので、耳の奥までフィットして皮肉にも装着感は悪くないです。

また、本体操作がタッチ式なのもワイヤレスイヤホンの高級モデルに搭載されるような仕様で、一般的に使いやすいです。

僕はボタン式のワイヤレスイヤホンに慣れてしまってるので、不意に指が触れて操作されてしまうことなどがストレスに感じます。

  • 電源ON/OFF(左右3秒押し)
  • 曲送り(左耳2回押し)
  • 曲戻し(右耳2回押し)
  • 音量上げ(左耳2秒押し)
  • 音量下げ(右耳2秒押し)
  • 再生/停止(左右どちらか1回押し)
  • 通話呼び出し(左右どちらか1回押し)
  • 通話拒否(左右どちらか2回押し)
  • 音声アシスタント(左右どちらか3回押し)

音楽操作、通話、音声アシスタントと、最低限の操作がイヤホン本体で可能になってます。

あとはIPX8対応なので、防水性能もとくに申し分ないようです。

初めてワイヤレスイヤホンを試してみるにはいいかも

正直なところ酷評して「やっぱり安かろう悪かろう」と主張してやろうと思ってましたが、思いのほか悪くないイヤホンでした。

長く使っているともしかしたらどこかにボロが出るかもしれませんけど、それでも「ワイヤレスイヤホンがどれだけ使いやすいのかを試してみたい」というニーズに応えるには十分でしょう。

しかし似たような製品はかなり多く、中には外れ製品もあるかと思います。レビューなどを見ながら慎重に判断してください。

レビューにおいてもステマが含まれている製品が多いので、信憑性のある口コミを見極めるリテラシーが求められます

心配であればやっぱりある程度きちんとしたメーカーやブランド製品を選ぶことをおすすめします。

おすすめ

ちなみに僕はAVIOTのイヤホンを愛用しており、1万円以下のワイヤレスイヤホンではかなりコスパが良いほうだと思っています。

AVIOT TE-D01g 【AVIOT TE-D01gレビュー】1万円以下のワイヤレスイヤホン最優秀コスパ

※スマホは横スクロール可

Bluetooth ver5.0電池リチウムポリマー電池
スピーカー振動板2㎜ダイナミックドライバーユニットスピーカーインピーダンス32Ω
スピーカー出力音圧レベル105dBスピーカー再生周波数20-20khz
マイク入力感度-42+-2dBBluetooth 転送距離≦10m(障害物のぞく)
連続通話時間6時間連続音楽再生4-5時間
連続待受時間80時間DC充電電流(ケース)1A(MAX)
充電電圧(ケース)DC 5VDC出力電流(ケース)1.5A(MAX)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です