【YAMAZEN電気ケトルYKG-C800】1℃単位で温度設定できるコーヒーとお茶好きのためのケトル

YAMAZEN YKG-C800-E

昔からコーヒーが大好きで、挽きたての豆で抽出する工程から楽しんでいます。

コーヒーを丁寧に抽出するにはお湯を細く注ぐ必要があるので、沸かしたお湯をドリップポットに移すのが一般的なやり方です。しかし普通の電気ケトルではお湯を注ぎにくく、ドリップポットにお湯を移すのは面倒

YAMAZENのケトルはただ沸かすだけでなく、お湯を細く注げて、細かく温度調節までできるコーヒー好きのための電気ケトルです。

YAMAZEN 電気ケトル0.8L
created by Rinker

YAMAZEN 電気ケトル YKG-C800

山善の電気ケトル

素早くお湯を沸かせてドリップポットのように細く丁寧に注げる電気ケトル。しかも温度調節まででき、まさに一石三鳥のような機能性です。

シンプルで綺麗なマットデザインも気に入ってます。

コーヒーを淹れるのが手軽になって、湯温までこだわりたいときに温度計を使う必要がないのが便利ですね。

本来コーヒーを抽出するときは、下のようなドリップポットを使います。

コーヒードリップポット 390ml 燕人の匠
created by Rinker

最大800mlの細口ポット

山善の細口電気ケトル

マットな質感で高級感のあるブラックカラー(ホワイトもあります)

取っ手が大きく握りやすいので、繊細に注ぎたいコーヒードリップがとてもやりやすいです。ケトルの胴体と距離があるので、持っていても手が熱くないのもポイントです。

ケトルのふたは固すぎず緩すぎず。注ぎながらふたが落ちる心配がなく、外す時も簡単に取れるので作りが良いですね。

山善電気ケトルの中のメモリとセンサー

ケトル内部にMAXラインがあり、満水量で800mlです。最小水量は300mlで、それより少ない水量で沸かすと温度センサーが十分に浸からず正確に機能しなくなります。

温度センサーは繊細な部品なので、強い力や衝撃を与えないようにだけ注意。普通に使っている分には何も問題はないかと思います。

電源プレート

山善電気ケトルの電気プレート

電源プレートは鏡面パネルのようになっており、温度設定などの操作はタッチ式となっています。タッチの反応がかなり良いので、非常に使いやすい。

ケトルがセットされていると、パネルに水温が常に表示されているので便利です。一定時間操作がないと、自動的に電源がオフになり待機状態になります。

コーヒー・紅茶・緑茶すべてに対応の温度設定

山善電気ケトルの設定項目

コーヒーは沸とうしたお湯よりも、沸とう直前の90~95℃くらいが最適の温度といわれています。100℃で抽出すると熱すぎて、苦みや雑味まで抽出されるからですね。

コーヒーに限らず飲み物をこだわって淹れようと思うと、設定温度もそれなりにシビアになってきます

僕はあまり細かくこだわらない人ですけど、あれば便利な機能ですよね。

沸騰スイッチ

山善電気ケトルの沸とうモード

電源を入れてから、沸とうボタンをワンタッチで100℃まで加熱します。

途中で加熱をやめたい場合は、電源ボタンをオフにして待機状態にする必要があります。

「とりあえず湯沸かすか」という感じで、基本的に一番よく使うボタンです。

温度選択スイッチ

山善電気ケトルの温度設定

あらかじめ【60/70/80/85/90/95】の6種類の温度がプリセットされています。これを切り替えるだけで簡単に最適な温度まで加熱可能。

  • 紅茶(95~100℃)
  • コーヒー(90~95℃)
  • 煎茶(70~80℃)

一般的に最適な温度設定です。好みに応じて温度選択してください。

60~80℃くらいの温度帯は通常のケトルの場合、沸かしてから冷ますまでに時間がかかるので、その温度を狙って加熱できるのは便利です。

山善電気ケトルの1℃単位の温度設定

また、プラスとマイナスボタンをタッチして1℃単位で調節できます。ただし60~100℃の範囲に限られます。

長押しタッチで早送りや早戻しも可能。

保温スイッチ

山善電気ケトルの保温機能

保温ボタンをタッチすると、設定の温度まで加熱して保温状態を維持してくれます。もう一度保温ボタンをタッチすると、保温を停止します。

例えばお茶を二煎目、三煎目と淹れたいときに保温があると助かります。

97~100℃で温度設定している場合は、96℃前後で保温されるようです。

YAMAZEN 電気ケトル0.8L
created by Rinker

YAMAZEN電気ケトルを使っていて分かること

非常に便利でオールマイティな電気ケトルに思えるかもしれませんが、ちょっとだけ気になる点もありました。

基本的には普通のケトルよりかなり使いやすいので、しばらく使っていて感じたメリット・デメリットを述べます。

ただ沸かすだけじゃない便利さ

山善電気ケトルの細口注ぎ口からコーヒーを抽出

YAMAZENの電気ケトルを使っていて一番便利に思うのが、常にケトル内部の水温が表示されていることです。

僕は正直お湯の温度にはあまりこだわりません。しかし加熱中も常に水温が表示されているので、沸とうさせているときに、今どれくらいまで沸いてるのかがすぐに分かるんですよね。

100℃の沸とうまで待たなくても、90℃くらいまで上昇していたらそのままケトルを外してお湯を注げるので、時間の無駄がなくなります。

ほぼ毎日コーヒーを飲む自分としては、非常に便利で手放せないような家電になりました。

安全機能

安全機能は空だき防止が備わっており、水が入ってない状態でケトルをセットするとエラーが表示されます。

細口の注ぎ口だからこそ困ること

山善の電気ケトルでカップフードを食べる

まず細口なのでお湯を一気に注ぎたいときはもどかしさを感じます。カップ麺など単純にお湯を注ぐだけなら、細口である必要はありませんからね。

2点目に、沸とう時間がまあまあかかるのが気になりました。目安として室温25℃、水温25℃、水量MAXの800㎖で5分くらい。他社のケトルには同じ800mlを3~4分で沸かせるモデルもあります。

最後に、設定温度範囲が60~100℃までですが、どうせなら40℃からの設定であれば完璧でした。玉露などの高級なお茶は40℃から淹れることもあります。

電気ケトルの日々のお手入れ

山善電気ケトルを乾拭きする

電源プレートとケトルは丸洗いできないので、乾いた布などで汚れを拭きます。汚れが酷いなら、薄めた食器用洗剤を絞った布で拭いてください。

ケトルの内部は少量の水を入れて、スポンジブラシで汚れを落とします。水ですすいで乾燥させるだけ。

内部の温度センサーに衝撃を与えないようにだけ気を付けます

ケトル内部の水垢を落とす

山善電機ケトルの中の水

長年ケトルを使っていると、水道水に含まれるミネラル分が水垢として頑固に残ります

その場合、800㎖満水にクエン酸30g(大さじ2)を入れて沸とうさせます。約1時間放置してお湯を捨てたら、すすいで乾燥させればピカピカになります。

詳しくは電気ケトルの掃除の仕方の記事に書いてます。

クエン酸で掃除した電気ケトル 電気ケトルの底についた水垢をクエン酸で綺麗に簡単洗浄する方法

飲み物にこだわる人ほど使いこなせる電気ケトル

個人的にはお湯を沸かして、そのままコーヒーをドリップできるだけでも十分なものでした。

それに加えて温度設定まで細かく調節できるので、コーヒーやお茶に強いこだわりがある人ほど使いこなせる電気ケトルですね。

デザインもスタイリッシュで、生活感を見せないのがまた良い。

細口ポットで温度調節を備えた同様の電気ケトルの中でも、比較的値段が抑えられているのも人気の理由でしょう。

6000~7000円くらいと一般的な電気ケトルよりは割高ですが、それ以上の使い勝手の良さを実感できます。

YAMAZEN 電気ケトル0.8L
created by Rinker
電源交流100V 50 / 60Hz
消費電力1000W
製品寸法約285(幅)×190(奥)×240(高)㎜
質量980g(ケトル・電源プレート)
コード長0.9m
定格容量800㎖
温度設定範囲60℃~100℃
安全装置電流ヒューズ・温度ヒューズ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です